京進の英会話教室「ユニバーサルキャンパス」、オックスフォード・クオリティ・プログラム認定校に指定

京進の英会話教室  ユニバーサルキャンパスが、日本の英会話スクールで初めてイギリスのオックスフォード大学出版局から、「オックスフォード・クオリティ・プログラム」の認定校に指定されたことを発表した。

「オックスフォード・クオリティ・プログラム」認定の背景

「オックスフォード・クオリティ・プログラム」とは、卓越した英語教育を提供するというコミットメントを共有するため、世界最大の大学出版局であるオックスフォード大学出版局と世界中の厳選された教育機関との間で提携・執行される教育プログラム。

オックスフォード・クオリティ・プログラム認定校は、質と評判が高い教育機関として世界的に認知されている。

ユニバーサルキャンパスはこれまでの英語教育の取り組みが評価され、英会話スクールとしては国内初の認定校指定となる。

今後はオックスフォード大学出版局との、英語教育に関する指導や教材の品質向上に向けた構築・提携により、ユニバーサルキャンパスに通う生徒たちには、世界的にも最高品質の学習体験が可能となる。

京進の英会話では、現在4,000名を超える生徒が学んでいる。

特に、主に幼児~小学校低学年までが通うユニバーサルキャンパスでは、小学校で英語が科目となった影響などで生徒数が増加。

「楽しく学習しながら本当に話せる英会話を学ぶ」というコンセプトのもとで、サマーキャンプやピクニックなどの体験学習やスピーチ大会などのイベントを通じ、英語をコミュニケーションの道具として使える人材の育成を目指している。

今後も、生徒たちが将来グローバルに活躍できる英語力を育てる環境の強固とプログラムを提供してまいります。

京進では英会話のみにとどまらず、グループ全体でサービスの質の向上に努めていく。

ユニバーサルキャンパスについて

ユニバーサルキャンパスは、学習塾「京進」の英会話教室として1998年に誕生。

主な対象は幼児~小学校低学年で「みんな英語が大好きに!」をコンセプトに、英語が使える力を楽しく伸ばしてもらうことを重視した英会話教育を行っており、2020年1月現在、京都、大阪、兵庫、滋賀、神奈川で21校を開校、3月に新設1校を予定。

グローバル社会で活躍できる「英語をコミュニケーションの道具として使える人」を育てることを目指し、そのために最高の学習環境を提供している。

京進ではこの他、成人を対象とした「コペル英会話教室」、オーストラリア・シドニーにおいて語学学校「イングリッシュランゲージカンパニー(ELC)」も運営している。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。