毎日1題、10分間考えることでビジネス脳を鍛える「BBTルーティン」開始から半年間で30,000件投稿を達成

あらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地: 東京都千代田区、代表取締役社長: 柴田巌、以下BBT)が運営する問題解決力トレーニングプログラムの「BBTルーティン」が、開始から約半年で30,000件のアウトプット数(投稿数)を超えるなど、ビジネスパーソンに人気の有料講座に成長したことを発表した。

「BBTルーティン」概要

現在約800人が参加する「BBTルーティン」は、毎日出題されるお題を10分間考えることで、仕事に役立つ力を身につけることを目的にした有料プログラム。

利用者には、平日の毎朝6時に刺激になるお題がオンラインキャンパスに掲載される。

その与えられたお題に対して、自らが考える時間を作って回答を投稿し、その後、講師や他の受講生の意見からお題に対する見解をライブ講義で学ぶ。

アウトプット(=受講生自身の意見の投稿)からインプット(=講師や他の受講生の意見から学ぶ)を行うことで、ライブ感のあるコミュニケーションとトレンドを踏まえた思考が身につき、オンラインでいつでもどこでも学習できることが特徴である。

「BBTルーティン」は、持続的な成長への最短ルートとして「アウトプットすること」、「インプットし自ら考えること」、「これらを継続、ルーティン化すること」を仕組み化している。

思わず頭を使いたくなるような刺激的なお題が毎日届き、通勤時間など隙間時間にアウトプットすることができるほか、同じお題に対して他の学習者との議論をすることで学びを深めることができる。

また一週間分のお題を振り返り、講師やゲストなど専門家の考えをインプットすることができる。

例えば「AI搭載電動歯ブラシが登場!これは、普及するのか」や、「新大阪駅の名物近距離タクシー乗り場廃止について賛成か反対か?」といったトレンド感のあるテーマで出題されている。

講義を見聞きするだけでなく、自らが参加し、ビジネス課題に対して考える力を効率的に養うことを狙いとしている。

2019年7月1日より始まった本サービスでは、2020年1月現在で計214回が出題された。

受講生から平均で一日150件、多い日で一日250件のアウトプットが投稿され活発な有料コミュニティとして利用されている。

受講生からは「種類豊富なお題で毎日楽しく取り組めており、自分の思考力を確認するきっかけになりました。」、「仕事の隙間時間に気分転換を兼ねて毎日取り組んでいます。」という声が多数寄せられている。

「BBTルーティン」は、毎月1日に開講し月額1,000円(税別)で継続課金コースを用意している。1ヶ月間の体験コースもある。

利用の流れ

  1. アウトプット:平日毎朝6時、刺激になるお題が届く
    1. 1日10分、自分の意見を考える練習を行う。
    2. 様々なテーマが与えられることで、幅広い分野について知る機会に。
  2. 議論・交流:受講生同士で気軽に学び合う
    1. 自分の意見を投稿し、様々な業界の仲間と情報交換しながら学ぶ。
    2. クローズドの場なので、失敗しても問題なし。
  3. インプット:専門家によるライブ講義 ※見逃し配信あり
    1. アウトプットしたお題の解説を聴くことで理解を深める。
    2. ゲスト講師として各分野の専門家が登場し、最先端の知識を得る。
    3. 月に1度の課題図書を読むことで相乗効果をねらう。

開講日

毎月1日

受講料

月額1,000円(税別)

受講形態

オンライン


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。