リクルートと全国高等学校PTA連合会、高校生と保護者の進路に関する意識調査を実施。保護者の57%が子どもの将来に「AIの影響がある」と回答

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:柏村 美生)と一般社団法人全国高等学校PTA連合会(所在地:東京都千代田区 会長:牧田 和樹)は、高校2年生とその保護者に対し、進路に関する考え方やコミュ二ケーションの実態を探る調査を実施し、結果を発表した。

この調査によるリリースは「教育改革」編、「AIの将来への影響」編の計2つあり、これは「AIの将来への影響」編。

「AIの将来への影響」編 結果概要

将来へのAI影響について

  • AIは将来に「影響がある」と回答した高校生は保護者より9ポイントも高かった
    • 「影響がある」 高校生(65.9%)> 保護者(56.5%)
  • 「影響がある」を経年でみると、高校生より保護者の方が増加幅が大きかった。
    • 高校生 2017年:52.0% → 2019年:65.9% +13.9ポイント
    • 保護者 2017年:38.7% → 2019年:56.5% +17.8ポイント

これからの社会について

  • 高校生の51%、保護者の37%が、これからの社会は「好ましい」と回答。高校生は「好ましい」が「好ましくない」を上回り、半数を超えている。
    • 高校生 「好ましい」(51.4%)>「好ましくない」(44.4%)
    • 保護者 「好ましい」(37.1%)<「好ましくない」(46.8%)

就いてほしい職業・就きたい職業

  • 高校生の「就きたい職業」のトップは「教師」11%。
  • 保護者の「就いてほしい職業」のトップは「公務員」37%。

調査概要

調査目的

高校生を持つ保護者とその子どもにおけるコミュニケーションの実態と進路観の現状を把握する

調査対象

高校2年生とその保護者 一般社団法人全国高等学校PTA連合会より依頼した9都道府県、各3校ずつ計27校の公立高校 

※各校:2年生2クラスの生徒とその保護者。調査実施校所在地は毎年変わるため、時系列データは参考。

調査期間

2019年9月1日(日)~2019年10月25日(金)回収終了

調査方法

  • 高校生:ホームルーム時にアンケート実施
  • 保護者:高校生から保護者へアンケートを手渡しで依頼、実施。クラスごと学級担任が高校生・保護者アンケートをまとめ、学校ごとに回収

有効回収数

  • 高校生:1,997名 ※全問無回答1名を除く
  • 保護者:1,759名 ※全問無回答6名を除く

※調査対象校のうち1校において、下記設問に不備がある調査票が配布されたため、集計対象から除外している。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。