ユカイ工学、エデュケーション事業を本格始動。小学生からロボット作りができるキットとプログラミング環境を提供へ

「ロボティクスで、世界をユカイに。」を掲げ、数多くのロボットやIoTプロダクトを企画・開発するユカイ工学株式会社(本社:東京都新宿区、代表:青木俊介)は、初めてのロボット制作やプログラミングの技術学習を目指す全ての人に向けたエデュケーション事業を本格始動することを発表した。

ユカイ工学が提案する教育は、楽しみながら気軽に「学び」にチャレンジできる体験。

2020年3月に初開催となる「小学生ロボコン」に向け開発した「ユカイな生きものロボットキット」は、2019年10月発売以降、ワークショップでの活用や一般発売を含め販売数は1,500匹を超え、初めてロボット作りを体験する多くの子ども達の元に届けることができた。

今回新たに、「ユカイな生きものロボットキット」を無線で操作できる「ココロキット」と、プログラミング環境を2020年3月1日より発売、および提供を同時スタートする。

プログラミング言語は、日常会話感覚で使用できる「Scratch」をベースとするビジュアルプログラミングと、様々な応用ができる「JavaScript」をベースとしたテキストプログラミングに対応、教育や学習の場からプロの現場まで幅広く活用することができる。

ユカイ工学のエデュケーション事業概要

ユカイ工学のエデュケーション事業

ユカイ工学が提案する教育事業は、子どもから大人まで、すべての人に共通する「学びたい・知りたい・作りたい」という好奇心を一緒に育て、そんな思いに気軽にチャレンジできる体験。

「楽しい」をすべての学びの入り口に、 自分の「好き」を見つける一歩をサポートする。

「ココロキット」の概要

「ココロキット」は、小学生からロボット作りができる「ユカイな生きものロボットキット」を、Bluetooth(BLE)を用いて無線で操縦することができるモジュール。

自分で作ったロボットをScratchやJavaScriptで記述した自分のプログラムで動かすことができ、楽しくプログラミングを学べる。

プログラミング環境

無料で使えるロボット制御用の専用プログラミング環境を3月1日(日)提供開始予定。

今回提供されるプログラミング環境はWebブラウザ上で動作し、専用アプリが不要。

ココロキットとはBluetooth(BLE)で無線通信でき、PCだけでなくタブレット端末やスマートフォンでもプログラミング学習が可能。

プログラミング言語はScratchとJavaScriptの2種類に対応、ユカイ工学が独自にカスタマイズし、ロボット制御用の機能を追加している。

Scratchは画面上でブロックをつなげてプログラミングできるのが特徴で、「もし~とき」「~する」などの日常会話の感覚でプログラミングを始めることができるので、プログラミング初心者や小学生でも遊びながら学ぶことができる。

また、他の開発者が作った拡張機能を組み合わせて、世の中の技術を体験することができる。

Scratchとは、MITメディアラボが開発・提供を進めているビジュアルプログラミング言語。Scratchはプログラミングスクールで使用される有名なビジュアルプログラミング学習環境の1つで、小学校でも利用されており、感覚的にプログラミングを学べて遊べるツールとして国内だけでも約50万人に認知・活用されている(Scratch公式サイトより、2020年1月現在)。

学べるプログラミング言語

Scratch、JavaScript

操作イメージ:Scratch画面で操作指示を行うと「ココロキット」を装着した自作の「ユカイな生きものロボットキット」を無線で動かすことができます。

Scratch画面で操作指示を行うと「ココロキット」を装着した自作の「ユカイな生きものロボットキット」を無線で動かすことができる。

ユカイ工学独自拡張版Scratchでできる3つのポイント

  • 自分で作ったプログラムで、「ユカイな生きものロボットキット」を動かせるようになる
  • Scratchを使う事で「もし~なら」「~する」など日常会話の感覚でプログラミングができる
  • 拡張機能を組み合わせることで、特定の人やものを認識して動き、例えばリンゴが好きなロボットなどを作ることができる

「『ロボットから学んだこと』ロボコン出身者が語るこれからの教育」イベント概要

2月9日(日)に二子玉川蔦屋家電で開催されるトークイベントに「ユカイな生きものロボットキット」開発エンジニアの和田氏が登壇予定。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントの遊んで学べるロボットトイ「toio」開発者の田中章愛氏と、それぞれの商品に込められた思いや今後のプログラミング教育のヒントを探るトークセッションを行う。

進行はユカイ工学代表の青木氏。

当日は「ユカイな生きものロボットキット」とソニー・インタラクティブエンタテインメント「toio」のワークショップも。

日時

2020年2月9日(日)16:00~18:00(開場 15:30)

場所

二子玉川 蔦屋家電 2階 ダイニング

参加費

1,500円 ※紹介商品の特別割引付き

主催

二子玉川 蔦屋家電 ※当日参加も可能(定員になり次第受付終了)


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。