日本マイクロソフト、「GIGA スクールパッケージ」を提供開始

日本マイクロソフト株式会社 (本社: 東京都港区、代表取締役 社長 吉田 仁志、以下 日本マイクロソフト) は、2019年12月に文部科学省が発表した「GIGA スクール構想」に対応する新しい教育機関向けソリューションとして、「GIGA スクールパッケージ」を、2020年2月4日 (火) よりパートナー企業と連携して提供することを発表した。

文部科学省は2019年12月に、子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育 ICT 環境の実現に向けて、令和時代のスタンダードとしての1人1台端末環境と、高速大容量の通信ネットワーク、パブリッククラウド等を一体的に整備する、「GIGA スクール構想」を発表し、児童生徒1人1台端末を2023年度までに小中全学年で達成するために、1台当たり4.5万円を補助、校内LAN工事を行うなどの具体的な施策や、端末やシステムの要件を公開。

日本マイクロソフトは、これまで教育機関向けのクラウドソリューションやPC などをパートナー企業と連携して提供するとともに、ICTを活用した授業を円滑に行うための研修を、この1年間だけでも3万人以上の日本の教員に実施するなど、子供たちが21世紀の国際競争社会を生き抜いていく力「Future-ready skills」(フューチャー レディ スキル) をテーマに、「子供の学び方」、「先生の教え方」、「学校での働き方」の変革を支援してきた。

そうした中で、今回の文部科学省の「GIGAスクール構想」の1日も早い実現に貢献するために、日本マイクロソフトでは「GIGA スクールパッケージ」を発表。

この「GIGA スクールパッケージ」では、世界中の教育現場で導入されている  Windows と Office 365 を、GIGAスクール構想に対応した特別な低価格で、日本の初等中等教育機関に戦略的に提供する。

「GIGAスクールパッケージ」の概要

以下の5つで構成される。

  1. GIGA スクール対応PC
  2. GIGA スクール構想に対応した教育プラットフォーム
  3. MDM による大規模な端末展開とアカウント管理手法の提供
  4. 教員研修の無償提供
  5. 「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」に対応可能なクラウド環境

1. GIGA スクール対応 PC

日本マイクロソフトは、「GIGA スクール構想」の「学習者用端末の標準仕様」に適合し、今回の特別な低価格ライセンスを活用した、デバイスパートナーの Windows 10 デバイスを「GIGA スクール対応 PC」として展開する。

「GIGA スクール対応 PC」は、デバイスパートナー (Dynabook株式会社、デル株式会社、日本エイサー株式会社、株式会社 日本HP、日本電気株式会社、富士通株式会社、株式会社マウスコンピューター、レノボジャパン株式会社) 計 8 社17機種 (2020年2月4日時点) で構成される。

2. GIGA スクール構想に対応した教育プラットフォーム

マイクロソフトは、セキュリティとプライバシーを担保した強力な教育プラットフォームとして、Windows と Office 365 を提供しているが、今回、GIGA スクール構想に対応した特別な低価格で、日本の初等中等教育機関に戦略的に提供。

協働学習をサポートする Office 365 には、共同編集機能や、コミュニケーションスキルの向上に役立つコラボレーションハブなど、グループワークや協働する力を育むのに役立つ最新の機能が搭載されている。

それらのアプリケーションを通して蓄積した学習データを連携・分析することで、一人ひとりに個別最適化された学習を行うことができ、Windows のペン入力や学習用フォントと組み合わせることで学習効果はさらに向上し、GIGAスクール構想が目指す Society 5.0 に向けた人材育成を実現する。

3. MDM による大規模な端末展開とアカウント管理手法の提供

GIGA スクール構想では、1人1台の端末と、1人1ID のユーザーアカウントを管理するための管理設定ツール MDM (Mobile Device Management) が求められている。

日本マイクロソフトは、これまで学校のPC教室などで行われてきたオンプレミス型の環境構築とは異なる、 Microsoft Intune を活用した新しい導入・運用方法を提供する。

新しい導入・運用方法では、従来のディスクイメージのクローニングに比べ、短時間で作業が完了するため、従来と比較して約 1/3 のコスト削減ができ、端末と環境の構築やその後の運用管理の遠隔サポートも可能になる。

GIGAスクール構想の「個別最適化された学び」に必要となる1人1アカウント、900万人分を 令和2年度中に簡単に取得・設定できる。

端末Windows アップデートの更新作業を、GIGA スクール構想で認められた充電保管庫内にPCを接続しておくだけで、夜間にスリープ状態から自動的に起動し、簡単に行えるようになる。

4. 教員研修の無償提供

GIGAスクール構想を実現し、日々学校の現場で活用を広めていくには、教職員向けの研修が重要となるが、GIGA スクール構想の補助金では、端末コストにも、校内LAN工事費用にも、その研修費用が計上できない。

そこで日本マイクロソフトでは、教職員を対象とした無償の研修を提供する。

1. 都道府県・政令市 教育センター向け研修プログラム

都道府県において市町村の研修トレーナーを育成する研修プログラムを提供。

2. オンライン研修コース

GIGA スクール構想に対応したオンライン研修をWebサイトに追加していく。

5.「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」に対応可能なクラウド環境

日本マイクロソフトは、文部科学省の「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」に基づき安心・安全なクラウド環境を提案・展開する。

「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」の「守秘義務、目的外利用及び第三者への提供の禁止」に関しては、ISO27018, ISO27701 などの個人情報の規定に関する認証を取得しており、「準拠する法令、情報セキュリティポリシー等の確認」に関しては、利用契約の準拠法は日本、管轄裁判所は東京地方裁判所で、円建での決済が可能となっているなど、同ガイドラインに対応したクラウド環境を提供している。

日本マイクロソフトはパートナー企業と連携して、「GIGA スクールパッケージ」を提供することで、教職員の働き方改革や教え方改革、児童生徒の学び方改革に、より一層貢献していく。