学生無料、先生がお金を払う『おしえるがっこう』が4月に開校。クラウドファウンディングを実施中

楽しく生きるプロジェクト!を手がける『おしえるがっこう』(所在地:岐阜市柳ヶ瀬6丁目12、校長:真崎憲二)は、学生無料、先生がお金を払う『おしえるがっこう』を、2020年4月3日(木)より開始することを発表し、クラウドファウンディングを実施している。

『おしえるがっこう』は3月16日にプレオープン予定。

『おしえるがっこう』概要

先生の対象は、経営者、学校の先生、何かのプロジェクトリーダーなど。

「おしえるがっこう」の理念が理解できると校長が判断した者のみ、先生として活動することができる。

1コマ3万円で、授業の動画プレゼント。受講者が購入できるサービスも予定。

受講者の意思によって祝儀を支払えるシステムを用意されている。

授業後には希望すればごはん会もでき、家族のようなつながりができるだけでなく、優秀な人材の確保や新しいビジネスやビジネスパートナーが生まれる場としても利用できる。

受講者

学生が中心。授業によっては大人も参加可能。(1コマ3,000円(税別)予定)

提供場所

岐阜市柳ヶ瀬通6丁目12(岐阜バス:柳ヶ瀬西口徒歩1分)

3つの特長

  1. グローバル化や情報化、少子高齢化など「時代の急速な変化」に対応できる人材育成ができる。
  2. 基礎的、基本的な知識・技能の習得に加え、思考力、判断力、表現力の育成や学習意欲の向上、また多様な人間関係を結んでいく力を育む場にできる。
  3. 新たな学びを支える教員の養成と、学び続ける教員像の確立に貢献できる。

今後の展望

岐阜の「おしえるがっこう」から、日本47都道府県、世界193カ国に学校を展開することで、教育・スポーツの向上・世界平和に貢献することを目指す。