オンライン対戦可能・アプリと繋がるIoTキューブパズル「SUPERCUBE i3SE」発売

GiiKER社の正規代理店である株式会社FOX(本社:東京都千代田区、代表取締役:五十畑 理央)は、モーションセンサーとMCU(Micro Controller Unit)を内臓したスマートコネクトの3×3キューブパズル「SUPERCUBE i3SE」を、1月31日(金)に発売することを発表した。

GiiKER社は2008年に中国で設立されたエデュテインメント(※)製品の開発をしているテクノロジー企業で、SUPERCUBEシリーズはこれまでに、135か国に出荷され、ユーザー数は世界中で100万人以上にも上る。

(※)エデュテインメント・・・娯楽でありながら、娯楽と関係ない分野の教育として機能するようなエンターテインメントの形式。

SUPERCUBE i3SEについて

SUPERCUBEは、モーションセンサーとMCU(Micro Controller Unit)を内臓のスマートコネクトの3×3キューブパズル。

スマートフォンやタブレットの専用アプリとBluetoothで同期することで、プレーヤーの動きをリアルタイムで記録してトラックし、各面の状態などをアプリへ反映する。

従来のアナログなキューブパズルとしての楽しみ方とは一線を画し、インタラクティブに楽しめるのが最大の特徴。

アプリには、初心者でも一からキューブパズルのロジックを学べるチュートリアルや、各面の色を揃えるまでの時間を競うタイムアタックのほか、3×3の立方体の54マスを駆使したゲームモードや対戦モードも搭載されており、初心者から上級者まで、オンライン上で世界中のプレーヤーと競いながらキューブパズルを楽しむことができる。

付属のケーブルとヘッドホンのような専用アダプタで、SUPERCUBE i3SE本体側面から充電。

また、付属の専用スタンドは、スマートフォンのスタンドにもなる。

各種モードについて

チュートリアルモード

初心者でも一からキューブパズルのロジックなど、基礎知識を学べるモード。

難易度別にテストが用意され、指定のブロックの配置になるようにキューブパズルを動かす。

それぞれのテストをクリアするためには、キューブパズルの基礎技術が必要となり、クリアするごとにキューブパズルの上達をアシストしてくれる。

ゲームモード

4つのゲームが用意されている。

カラーメモリー

表示されたカラーの中心面をいち早く回転させて得点を獲得するゲーム。

ピクセルパズル

指定された面を指定されたカラー配色に揃えるゲーム。クリアするごとに次のステージに挑戦できるようになる。

キューブ消し

上から落下してくるカラーの中心面をタイミングよく回転させて得点を獲得するゲーム。

キューブ搬送

限られた手数でコインを獲得したり、指定の位置にキャラクターを移動したりするゲーム。コインを多く集め、できるだけ少ない手数であればあるほど高得点を獲得できる。クリアするごとに次のステージに挑戦できるようになる。

対戦モード

アプリ上でマッチングし、指定の対戦ルールに従って、世界中のユーザーと対戦。

勝敗によって、得点を得ることができ、アプリ上でランキング化される。

本体寸法

57(W)×57(D)×57(H)mm

重量

102g

充電時間

約60分

連続使用時間

約30時間

対応端末

Android 4.4/iOS 3.0 以降搭載のスマートフォン

付属品

スタンド、充電器、USB充電ケーブル、取扱説明書/保証書

販売価格

¥5,940(税込)

取扱サイト及び店舗

  • FOX STORE 阪急メンズ東京(東京都千代田区有楽町二丁目5番1号 阪急メンズ東京 7階)
  • FOX STORE HINKA RINKA 銀座(東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座3F HINKA RINKA 銀座 内)
  • FOXオンラインストア


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。