ONE COMPATH、幼児教育を視野にしたひらがなだけの地図を公開

凸版印刷株式会社のグループ会社である株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:早川 礼)は、従来よりも表現の自由度が向上し、多彩な展開を可能にするベクター地図(※)を活用したサービス開発の一環として、実験サービスを公開する「マピオンテックラボ」にて駅名を中心に表記がひらがなで表示される地図「えきのなまえマップ」を公開したことを発表した。

また、地図検索サービス「マピオン」 アプリ版でベクター地図に対応した。

「えきのなまえマップ」概要

開発の背景

ONE COMPATHでは、1997年に日本初のインターネット地図サービス「マピオン」の提供を開始して以来、地図や位置情報に関する技術や研究の開発を続けてきた。

近年、様々な分野で注目されている地図や位置情報サービスについて、企業や生活者に寄り添う「ワンマイル・イノベーション・カンパニー」として今後も多様化するニーズに対応するため、多彩な地図表現を実現するベクター地図を元にしたサービス展開の研究や開発を進めている。

今回、ベクター地図のサービス展開の一環として、駅名を中心にひらがなだけで表示される地図「えきのなまえマップ」を実験サイト「マピオンテックラボ」にて公開。

また、「マピオン」アプリ版でベクター地図に対応した。

2020年度より順次実施される小学校から高校までの新学習指導要領において、小学校3年生から授業で地図を活用、2022年度より高校で地理が必修科目となることが決定し、「地理空間情報リテラシー」(地理的な空間認識や、地理情報を活用する力)の向上が求められている。

一方、幼児教育においても地図コンテンツは活用されているが、日本全国のスケールで描かれたものが多く、認識できる空間スケールが狭い幼児にとって理解しにくいものになっているのが現状。

ONE COMPATHでは、ひらがなを覚えた幼児が自然と地図を読み解く力を養えるよう、「マピオン」をベースに、全ての文字がひらがなで表示される「えきのなまえマップ」を開発し、ONE COMPATHの実験サイト「マピオンテックラボ」で公開。

「えきのなまえマップ」は、電車が好きな幼児が多いことを意識し駅の名前を中心とし、自治体の名称もひらがなで表示される。

尚、このサービスは2019年度のONE COMPATH新入社員である鹿野健人氏が、OJT研修でアイディアを発表し実現したもの。

「えきのなまえマップ」発案者:鹿野健人(メディアサービス本部 地図サービス部 マピオンG)コメント

この地図の着想は、父がかつて作ってくれた「ひらがなで書かれた鉄道路線図」から来ています。幼い時の私はこの路線図で鉄道駅を徐々に覚え地理感覚を養いました。この時の経験はその後大いに役立ち、大学では地理学を専攻しました。これらの経験を通し、「地理教育」は地理学や地図リテラシーの普及において重要で、子どもの時から地図に触れることが重要だと考えるようになりました。

OJT研修の中で、社内で保有している地図データベースを活用して地図を作成するという課題があり、今回の原案を発表しました。作成する際、「どのデータベースを使用するのか」「どのようなデザインにするのか」など、考えさせられる場面がありましたが、自分で考えた地図が公開されることを嬉しく思います。

「えきのなまえマップ」は、鉄道に関心がある子どもたちに、どこに何という名前の駅があるのかについて考えながら見てほしいです。漢字との切り替え機能があるので、漢字の学習にも役立つと思います。

「えきのなまえマップ」が子どもたちの「地理空間情報リテラシー」の向上に寄与できたら大変嬉しいです。

「マピオン」アプリ版ベクター地図対応について

今回、「マピオン」アプリ版でベクター地図に対応し、従来の地図と切り替えることが可能になった。

主にユーザーインターフェースにおいた細かな改善となり、具体的にはデータ容量が80%削減したことによりスクロール表示速度がアップしたほか、斜めに見下ろした形で表現することで遠方の情報まで見通しやすくなる「鳥瞰」機能が追加になり、自然な回転も可能に。

実際に見ている景色と地図が一致するため、地図が苦手な人でも迷うことなく目的地に到着できる。

今後の展開

企業や生活者に寄り添う「ワンマイル・イノベーション・カンパニー」として、より多機能で多彩な地図関連サービスの展開を目指すと共に、より便利に使用できるよう、適宜改善を行う。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。