JAXAとグリー、宇宙を題材にした子ども向けVR体感サイエンスツアー「ありえなLAB」レンタルでの提供を開始

グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:田中良和、以下「グリー」)と国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(本社:東京都調布市、理事長:山川宏、以下「JAXA」)は、新たな発想の宇宙関連事業の創出を目指す「JAXA宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC:ジェイ・スパーク)」プログラムにおいて、重力をはじめとした月面環境を学ぶことができる、子ども向け仮想現実(以下、「VR」)教育サービスに関する新事業の創出を目指してきた。

今回グリーは、J-SPARCの成果を活用し、宇宙を題材にした子ども向けVR体感サイエンスツアー「ありえなLAB」を商品パッケージ化し、レンタルでの提供を開始することを発表した。

「ありえなLAB」概要

「ありえなLAB」は、グリーのVRにおける最新の制作技術や事業化のノウハウと、JAXAの月周回衛星「かぐや」で取得した月の科学探査データや、宇宙科学及び宇宙教育の専門的知見を組み合わせることで実現した、楽しみながら学べる共同制作コンテンツ。

グリーとJAXAは、J-SPARCにおける共創活動として、「月面スポーツVRハッカソン」や「月面キッズキャンプ」、「エミフルスペースアドベンチャー」等のイベントを開催してきた。

総計約2万人に「ありえなLAB」を提供し、さまざまなフィードバックを得ている。

この共創活動は、2019年をもって事業性の目途を得て完了した。

その成果をより多くの人々に継続して楽しんでもらうため、「ありえなLAB」をグリーにて商品化し、イベント向けパッケージとして2020年からレンタルで提供していく。

JAXAは、この共創活動を通して、科学探査データを活用したVR分野における新たな発想の宇宙事業の創出、科学探査データのビジネス面での新たな利用開拓、そして、VR技術を用いた新たなアプローチによる宇宙教育の点において、民間事業者による事業化につなげることができた。

今回得られた知見を今後の取り組みに活用し、科学探査データを活用した宇宙関連事業及び宇宙教育のさらなる拡大を目指す。

また、グリーは、今回のサービス提供を通じ、より多くの人々がVRによって“リアリティ(現実)”のある宇宙空間を体感できる機会を継続して提供する。

グリーとJAXAは、今後も、たくさんの子どもたちがVR技術を通じて宇宙に興味や関心を持ち、宇宙や科学技術に携わる人が増えるきっかけとすることで、宇宙や地球の未来へ貢献していく。

「ありえなLAB」コンテンツ一覧

(1)VR月面レース

ヘッドマウントディスプレイを使ってVR空間内の月面をバギーで運転。

タイヤによる走行スピードの違いを体感することで、月面の砂「レゴリス」の特徴を学習することができる。

他の人との同時対戦プレイが可能。

対象年齢:7歳以上

(2)VR月面バスケ

月でものを投げると地球と比べてどのくらいの高さで落ちてくるのかを、VR空間内で行われるバスケットボールのフリースローライクなゲームを通じて感じることができるコンテンツ。

他の人との同時対戦プレイが可能。

対象年齢:7歳以上

(3)VR月面スキージャンプ

ヘッドマウントディスプレイを使ってVR空間内の月面に設けられたジャンプ台からスキージャンプを行う。

地球と比べジャンプのスピードや飛距離がどのように変わるかを体感することができる。

他の人との同時対戦プレイが可能。

対象年齢:7歳以上

(4)VR月ロケットツアー

ヘッドマウントディスプレイを装着しVR空間に入ると、そこには宇宙に向かうジェット機が待っている。

ジェット機に乗りながら、月と身近な物の大きさを比べることで月の大きさを体感することができる。

グリーで開発したオリジナル単眼ヘッドマウントディスプレイを使うことで3歳以上の子どもから体験可能。

対象年齢:3歳以上


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。