オンラインAI学習サービス「Aidemy」運営のアイデミー、総額8.3億円の資金調達を実施

AIに強い人と組織体制を構築するための支援を行う株式会社アイデミー(本社:東京都文京区、代表取締役社長 石川聡彦、以下「アイデミー」)は、東京大学が承認するUTEC4号投資事業有限責任組合(本社:東京都文京区、代表 郷治友孝)をリードインベスターとし、新たに2社の事業会社、2社の投資会社と4名の個人投資家を引受先とする総額8.3億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

なお、今回を含む累計での資金調達額は総額で9.4億円となった。

アイデミーの資金調達の目的

2017年12月にAI学習プラットフォーム「10秒で始めるオンラインAI学習サービスAidemy」を開始。

ユーザー数は順調に拡大し、ESP総研による調査(2019.9時点)によるとAIのオンライン学習サービスにおいてNo.1のユーザー数を獲得するほどとなった。

また、2018年からは、法人向けのサービスの提供を開始し、教育研修を入り口としてプランニングや運用まで一貫した企業のAIプロジェクト内製化支援に力を入れている。

企業のAI活用ニーズが今後とも高まっていくことは明らか。

今回の資金調達では、これまでにの株主に加え、新たに2社の事業会社と投資会社、個人投資家にもチームに加わってもらい、拡大するニーズに対応すべく、法人向けサービスの拡充へ注力していく。

今後の展望

調達した資金は、現在開発中であるAIプラットフォーム事業の開発の促進と教育研修サービス内コンテンツの拡充に充てる予定。

これにより、新たな価値を生み出すとともに、さらなるユーザーの拡大を目指し開発・運営体制の強化に投資する。

(※) AI プラットフォームとは、アイデミーの独自技術や管理画面を提供し、AI プロジェクトを「コストが安く」「最先端実装を踏まえて」「わかりやすく」実運用できるパッケージシステム。

投資家からのコメント

株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)代表取締役社長・マネージングパートナー 郷治友孝

今回のシリーズAファイナンスは、UTECとしては2017年9月のシードラウンドから3回目の投資となり、引き続きリードインベスターとして参画させていただきました。アイデミーが取り組んでいる事業は、大小様々な企業や多くの個人の方々のAIリテラシーを高めることによって、社会全体で豊かなサービスや製品が生み出されることに寄与し、非常に有意義だと思っています。石川代表率いるアイデミーが、日本の産業全体を強くしてくれることを期待しています。

大和企業投資株式会社国内投資運用第一部長 後藤聴武

今回、弊社ではDCIベンチャー成長支援ファンドから出資させていただきました。このファンドは、国内外の課題やニーズに対し、新しい製品・技術・サービスによって高い付加価値を提供するスタートアップに投資・経営支援を行っています。

アイデミーはまさに、企業のAI活用という広い業界に渡る課題に対し、専門性のあるサービスと、導入企業を支援する中で積み重なる知見を生かし高い付加価値を提供しています。大和企業投資は、弊社グループのネットワークを最大限活用し、アイデミーの挑戦をサポートしていきます。

ダイキン工業株式会社執行役員 テクノロジー・イノベーションセンター長 米田裕二

新たな空調ソリューションの創出、ものづくり技術の高度化、業務改革の推進に向けて、AIの活用が不可欠だと認識しています。当社はAI・IoT人材の育成を目的に2017年12月に開講した社内大学『ダイキン情報技術大学』の受講生を中心に、各部門でアイデミーのサービスを既に活用しています。

今回のパートナーシップ強化により、人材育成に加え、様々な部門が保有するデータの活用を共同で検討することで、新たなAI活用ソリューションの開発が加速すると確信しています。

株式会社テクノプロ取締役兼常務執行役員 テクノプロ・デザイン社事業本部長 金内忍

当社は、2019年11月よりAIプラットフォーム開発事業並びに育成事業においてアイデミーとの提携を開始しました。製造業を中心に約1,800の取引先に対して設計開発をご提供する当社技術者のノウハウやモノづくりシーンにおける知見に、アイデミーの教育カリキュラムを通じたAIリテラシーが付加されることで、「AI+αのマルチスキル人材」として、AI導入が加速的に増加する製造現場で多くの課題を抱えるお客様の課題解決に寄与できるものとの確信から、今般の資金提供となりました。

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(東大IPC)代表取締役社長 大泉克彦

石川社長の事業に対するパッションと、アイデミー社が持つ優れたサービスや経営メンバーの高い経営能力、そしてすべての産業を対象にAI全般の底上げを目指すというビジョンに感銘を受けました。そして、同社のサービスが多くの日本の企業が抱える「企業のデジタル化」という社会課題解決の一助に繋がることから、弊社として支援差し上げたく、この度の出資を決定しました。

今後、更なるアイデミー社の発展のため、様々な面でもサポート差し上げる所存でございます。

千葉道場株式会社代表取締役 千葉功太郎

千葉功太郎個人としては前回のプレシリーズA ラウンドから参加しており、今回はファンドとして改めて出資することになりました。個人向け学習サービスとしても順調にユーザー数を伸ばし、ブランドを獲得しつつあるアイデミーは、企業への支援でも人材の育成から切り込むことによってプロジェクトがどう進んでいくか把握しやすいポジションに入れると思っています。

AIというこの先欠かせないテクノロジーを起点に、ますますアイデミーが成長してくれることを、そして日本の産業を支える存在になることを期待し、引き続き支援していきたいと思います。

Skyland Venturesパートナー・CEO 木下慶彦

アイデミーがエンジニア向けAI教育事業「Aidemy」として2017年に事業準備を始めた頃に初回出資させて頂いて約3年に渡り関わらせて頂いています。

法人向けに提供開始したAidemy Business は、日本の大企業の製造業を中心とした事業者様に導入され、現在ではAIの内製化支援をコンセプトにプロダクトラインが日々進化しています。

アイデミーは、これまでもAIを軸に据え進化し続けている会社であり、非連続な成長に期待し、今回のラウンドにて追加投資をさせて頂きました。年商100億円の早期達成に向けて支援して参ります。

松永達也(株式会社アイデミー 社外取締役)

日本IBMに在籍していた時から、AI人財の育成が重要だと強く感じていました。アイデミーの社外取締役としてお客様の声を伺うと、業界を問わず企業のニーズはより一層高まっていることを実感しています。

この課題に正面から取り組むアイデミーには、大きな可能性があり、日本の産業をAIで変革する原動力になることが期待されます。アイデミーの成長が日本の産業の成長につながるよう、石川社長を始めアイデミー社員の皆さんと歩み続けます。

河野英太郎(株式会社アイデミー 執行役員)

アイデミーの掲げるビジョンはお客様、ひいては社会の発展に資すると考えて参画しました。この度の増資を機に名実ともに当事者となれたことを大変嬉しく、誇らしく思います。

現場メンバー唯一の株主として文字通り当事者としての役割を果たしてまいります。もの言う株主として、同時に実行責任も果たせる従業員として全てのステークホルダーのお役に立つことをお誓いいたします。

鈴木智行(ソニー株式会社 元副社長)

日本の産業界における各社が軒並みAIの活用やDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいる中で、やはり最初にぶつかる課題は社内の人材育成です。

その1stステップとなる課題に寄り添い、さらにその後事業定義や運用まで支援していくというアイデミーのビジネスモデルとビジョンは、企業が本腰を入れて改革に取り組むにあたりいい伴走者になるのではと期待しています。

鈴木悠人(株式会社JapanWork 代表取締役) 

代表の石川さんとは大学、アルバイト、サークルなどが同じで昔からよく知っており、カリスマ性、やり切る力、成長力などがとにかくすごくいつも刺激を受けていました。すごい男です。間違いなく急成長しAI業界を支える会社になると信じており応援しております。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。