クリップコーポレーション、2020年3月期第3四半期決算。売上高24.8億円(対前年比-0.6%)、営業利益0.7億円(対前年比+5.0%)

株式会社クリップコーポレーションは1月30日、2020年3月期第3四半期決算短信を発表した。

売上高は24.8億円(対前年比-0.6%)、営業利益は0.7億円(対前年比+5.0%)、経常利益は0.8億円(対前年比+8.2%)。

利益率は、営業利益率2.6%(前年同期2.5%)、経常利益率3.1%(前年同期2.9%)だった。

セグメント別の売上高は以下の通り。

  • 教育事業:17.9億円
  • スポーツ事業:4.4億円
  • 飲食事業:1.6億円
  • その他:0.7億円

教育事業の2020年3月期第3四半期累計期間の平均生徒数は6,513名(対前年比-2.6%)。

クリップコーポレーションは主力事業である教育事業・スポーツ事業において、「体験と学習」の実践の場として農業体験等と新規拠点開設を進めている。

2020年3月期の連結業績予想に修正はなく、売上高35.5億円(対前年比+3.3%)、営業利益3.0億円(対前年比+55.4%)、経常利益3.0億円(対前年比+16.7%)を見込んでいる。