ロボットプログラミング教室の児童・生徒約300名が参加する「プログラボ祭り」2月8日・9日に開催

株式会社ミマモルメ(本社:大阪市福島区、社長:小坂光彦)が、讀賣テレビ放送株式会社(本社:大阪市中央区、社長:大橋善光)、株式会社エイデック(本社:大阪市中央区、社長:新井啓喜)と共同で構成するプログラボ教育事業運営委員会は、2020年2月8日(土)・9日(日)に追手門学院大学(大阪府茨木市、学長:川原 俊明)の総持寺キャンパスのWILホールで「プログラボ祭り2020in追手門学院大学」と称したロボットプログラミングのイベントを開催することを発表した。

「プログラボ祭り2020in追手門学院大学」概要

「プログラボ祭り」は、プログラボの生徒がロボットプログラミングを楽しみ、普段の授業で学んだ成果を披露するイベントとして、毎年冬に複数の教室が合同で開催しており、今回は、大阪府の北摂地域にある4教室(プログラボ豊中、千里中央、茨木、高槻)の児童・生徒約300名が参加する。

また、今回は追手門学院大学の協力を得て開催し、会場となる総持寺キャンパスは、2019年4月に追手門学院大学の新キャンパスとして開校し、「WIL(Work is Learning)」をコンセプトに、学生の「主体的な学び」の実践の場として機能。

「プログラボ」は、現在、直営校・フランチャイズ校合わせて関西に17校、東京都内の13校を含めて関東に15校、私立の学校内教室を7校の計39校を運営し、約4,000名が在籍しているほか、自治体等へのプログラミング教育の導入支援を行っている。

『私たちは、ロボット・プログラミング教育を通じて、未来を担う子ども達の「夢を実現するチカラ」を育みます。』との教育理念の下、「知識・技能」だけでなく、「思考力・判断力・表現力」を持ち、「主体性をもって多様な仲間と協働できる」真に社会に求められる人材の輩出を目指す。

会場

追手門学院大学総持寺キャンパス「WILホール」(大阪府茨木市太田東芝町1番1号)

日時

2020年2月8日(土)・9日(日)9:20~12:20、13:30~16:30


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。