授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」GIGAスクール構想に対応した「自治体プラン」の提供を開始

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)は、授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」にGIGAスクール構想(*)に対応した「自治体プラン」を追加し、提供を開始したことを発表した。

MetaMoJi ClassRoomの「自治体プラン」とは、児童生徒の人数に合わせた自治体向けの一括購入プラン。

これによりMetaMoJiは、自治体による児童生徒1人1台端末の導入を支援する。

*GIGAスクール構想・・・児童生徒向けの1人1台学習用端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備する構想で、2019年12月13日に閣議決定された国の施策。

MetaMoJi ClassRoomについて

iPad、Chromebook、Windowsに対応し、混在環境でも利用できる授業支援ソフト。

リアルタイムな画面共有・転送により、教師が机間巡視を行うことなく、児童生徒の学習状況が把握できる。

紙に書いているようなノートテイキングができるため、従来の学習と違和感なくICT教育で活用できる。

搭載しているかな漢字変換機能は、手書き入力からも利用でき、学年別辞書にも対応しているので学習に効果的。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。