アナログの積み木とARのデジタル映像を通じた体験コーナー「ARツミキタウン」がこども科学センター・ハチラボで開催

AR積み木イベント「ARツミキタウン」は、ジブンハウスと~テクノロジーで新しいエンターテインメントを作る~をコンセプトに事業を展開するクリエイティブ集団heloART(株式会社ハロー)が日本で初めて開発した体験型のARコンテンツ。

2019年9月に原宿DESIGN FESTA GALLERYにて、開催したイベントでは多くの来場者を集めた。

その後、愛媛、福岡、島根でも開催し人気を博した。

ジブンハウスは、今後もAR/VRなどのテクノロジーを活用した暮らし・住宅に関するイベントを全国各地で開催し、ライフスタイルについて考える機会を提供していく。

オフラインとオンライン両方の体験ができる「ARツミキタウン」とは

ARツミキタウンは、大きな画面上に映し出されたアナログの積み木とAR(拡張現実)のデジタル映像を通して、参加者が学びの空間を共有できる体験コーナー。

この体験を通して、参加者は身近なアナログの世界とデジタルの世界の繋がりを学ぶことができる。

親子で体験 ARで動く街とマイホーム作り

「ARツミキタウン」は、テクノロジーを活用した「住育」を推進することを目的として、ジブンハウスが、クリエイティブ集団heloART(ハローアート)の協力を得て開発。

実際の積み木にマーカーを取り付け、PCやタブレット端末のカメラでそれを読み込ませることによって、画面上にARで構成された街を創り出す。

読み込まれた画像は画面上に拡張現実となって映し出され、人や車などが配置されるだけでなく、周囲の状況に連動して動く仕組みとなっている。

昨年9月に原宿DESIGN FESTA GALLERYにて開催したイベントにおいて3日間で66組119名がARツミキタウンに参加したことを皮切りに、10月~12月に、愛媛・福岡・島根の3拠点でジブンハウスの加盟店と共に開催したイベントでも多くの参加者が集まった。

ライフスタイルに合った間取りやデザインを選択するだけでなく、周辺環境や、人の流れなどを考慮する「住育」について、大人も子どもも一緒に楽しみながら学べる「ARツミキタウン」は全国で広がりを見せている。

「ARツミキタウン」イベント詳細

特別展

『ヴァーチャル・リアリティの世界』展 ~画像技術で遊ぼう~

日程

2020年1月29日(水)~4月5日(日)

場所

こども科学センター・ハチラボ(渋谷区桜丘町23―21  渋谷区文化総合センター大和田3階)

開館

10:00 ~ 17:00   

入館料

無料

休館日

毎週月曜日 (但し、月曜日が祝日の場合は翌火曜日)

積み木で自分の住みたい家や街を作り、タブレット端末で読み込むと、画面上に積み木ではなくARの家や街が浮かび上かぶ。

店や人、自動車、電車なども映し出され、川が流れる街並みや、鳥が飛ぶ光景も再現。

今回のコラボレーションにおいて、アナログとデジタルを掛け算する「ARツミキタウン」は、子どもたちの好奇心を引き出す最適なツールとして期待されている。

ハチラボとは

子供たちの“夢”と科学する心を育くむ施設。

『渋谷の街からノーベル賞を!』という願いを込めて2010年11月に渋谷区文化総合センター大和田内に開設された。

常設展示、特別展示に加えて、様々な実験やものづくりを行う「ハチラボ講座」や「ワークショップ」などを実施し、子供たちが楽しみながら科学や数学、ものづくりが好きになるように支援している。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。