TOEFL運営の米国ETSと東北大学、英語教育に関する連携覚書を締結

米国非営利法人Educational Testing Service(所在地:米国ニュージャージー州プリンストン、理事長兼最高経営責任者:ウォルト・マクドナルド、以下「ETS」)は国立大学法人東北大学(所在地:宮城県仙台市、総長:大野英男、以下「東北大学」)との間で、日本の大学法人と初めて、英語教育と研究に関する覚書に令和1年7月25日に調印したことを発表した。

覚書締結にあたり、TOEFL(R)テスト日本事務局である、一般社団法人CIEE国際教育交換協議会(所在地:東京都渋谷区、代表理事:根本斉、以下「CIEE Japan」)は両者と協働しながら、両者の円滑な連携を推進していくことを発表した。

連携の背景と内容

米国非営利法人Educational Testing Service(以下、ETS)と国立大学法人東北大学は、21世紀における高等教育機関における新たな教育のあり方に関し共通した認識を持ち、これからの時代を担う人材に不可欠な高度な英語力の育成に向けて、今回覚書を締結するに至った。

日本の大学において初となるこの覚書に基づき、東北大学の全学教育では、ETSが開発・提供しているTOEFL®テストのコンテンツを学士課程1、2年次の英語教育の中心に据え、幅広い教養に裏付けられた論理的思考力・問題解決能力・発信力を涵養しグローバルな社会で指導的・中核的な役割を果たす人材を育成するために、新しいカリキュラムと教育方針に沿った英語教育を、令和2年度から開始する。

研究型大学の学生が世界で活躍するために必要な「一般学術目的の英語力」を培い、「読む・聞く・書く・話す」の4技能を統合的にバランスよく身につけるための学習や教育にとり、ETSとの幅広い連携は大きな意味を持つもの。

目的

TOEFL®アセスメントファミリーをはじめ世界基準として活用されているETSのアセスメントプログラムを活用し、東北大学、ひいては日本全体の英語の教育と学習と研究の質的向上と発展を目的とする。

協働の分野

  • 教育と学習に焦点を当てた大学での英語教育の質的向上
  • 入学後の学習進捗のモニタリング等、大学英語教育の多様なニーズに応えるための評価手段の利活用
  • テストの波及効果に焦点を当てたカリキュラム、学習、教育プログラムの改善を目指した共同研究
  • 共同学術活動、イベント等の促進、研究成果等の外部への発信
  • 共同セミナーやワークショップを通しての、教員の英語教育能力向上に向けた取り組み

覚書締結にあたり、両者はTOEFL®テスト日本事務局である、一般社団法人CIEE国際教育交換協議会(所在地:東京都渋谷区、代表理事:根本斉、以下「CIEE Japan」)との協働により、円滑な連携を図ることにしている。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。