アフレル、ディープラーニングでロボットカーを自動走行させる実践的な新AI教材を発売

株式会社アフレル(福井県福井市、代表取締役社長 小林靖英、以降「アフレル」)は、ロボットカーの自動走行システムをつくることで深層学習(ディープラーニング)技術を体験的に学ぶ教材「ロボットではじめる深層学習 TensorFlow×教育版EV3自動走行」を開発したことを発表した。

この教材は、AIエンジニアに必要な「深層学習」を座学だけではなく、カメラを搭載したロボットカー(教育版レゴ® マインドストーム® EV3※1)で画像データ収集を自動化し、TensorFlow※2を用いた深層学習でロボットカーを自動走行させていく実践的な教材。

新発売を記念し、特別価格で販売するキャンペーンを2020年3月29日(日)までの期間限定で実施する。

※1:教育版レゴ® マインドストーム® EV3・・・MIT(マサチューセッツ工科大学)とレゴ社の協力により開発されたロボットプログラミング教材で、これまで世界70カ国以上、5万以上の教育機関で採用されている他、多数の企業でプロトタイプ開発や人工知能を活用した研究・実験等に活用されている。

CPUを内蔵したインテリジェントブロックとセンサーやモーター、ギアで自在にロボットを組み立てられ、作成するプログラムによって自律制御が可能で、ロボティクス、ソフトウェア開発、人材育成・教育を強力にサポートする教材。

※2:TensorFlow・・・Googleが開発しオープンソースで公開している、機械学習に用いるためのフレームワークで、世界中で広く活用されている。

「ロボットで始める深層学習」(新教材)の概要

ロボットではじめる深層学習 TensorFlow×EV3自動走行セット

AIのビジネス活用が急速に進む中、AIの導入や普及を担う人材不足が深刻になりつつある。

AI人材の役割はいくつかあるが、AIエンジニアに必要な「機械学習」や「深層学習」をこれから学ぶ学生や社会人向けに、教育版レゴ®マインドストーム® EV3を活用した実践型教材を開発。

座学だけではなく、ロボットカーによる画像データ収集の自動化、TensorFlowを用いてロボットカーを自動走行させる「学習」「推論」といった一連の流れを体験することで、自ら実装する力が身に付く教材である。

対象

  • TensorFlowを用いた深層学習でプログラムを開発したい人
  • リアルタイムで画像データを使った深層学習を体験したい人
  • 大学、専門学校、高専で、学生らが実践的な内容を取り組む機会を求めている人
  • AIエンジニア人材としての技術習得を体験的に学びたい人

特徴

  1. 深層学習にて自動走行するロボットカーにより、開発成果を見える化し、学習の効果を高める。
  2. ディープラーニングでの自動走行実験を安価で手軽に取り組むことができる。

価格

  • キャンペーン特別価格:71,800円(税込 78,980円)
  • 標準価格:76,600円(税込 84,260円)

内容

ロボットキット、カメラセット、新テキスト、自動走行用コース、強化学習時の楕円コースなどが含まれるセット。

  • 教育版レゴ マインドストームEV3基本セット(SW付)
  • DCアダプタ
  • ロボットではじめる深層学習 TensorFlow×教育版EV3自動走行
  • EV3自動走行コース(A1)
  • 楕円コース
  • Raspberry Pi 3 Model B
  • Raspberry Pi ケース
  • USBケーブル(A-microB)
  • マイクロSDカード(32GB)
  • Raspberry Pi カメラモジュール
  • Console Adapter for EV3
  • モバイルバッテリー

キャンペーン期間

3月29日(日)注文受付分まで(2020年3月上旬ごろより出荷開始)


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。