阪急阪神グループのミマモルメとスマートエデュケーション、幼児向けプログラミング教育拡充と保育業務の効率化を目指し業務提携

阪急阪神ホールディングスグループの株式会社ミマモルメ(本社:大阪市福島区、社長:小坂光彦)は、2019年12月26日(木)、株式会社スマートエデュケーション(本社:東京都品川区、代表取締役:池谷大吾。以下「スマートエデュケーション」)と資本業務提携を行ったことを発表した。

スマートエデュケーションは、iPadやAndroid等のタブレット端末を活用した一般消費者向け知育アプリの開発・販売に加え、アクティブラーニングを用いた保育施設向けのIT教育プログラムの企画・開発・販売を手掛けている。

一方、阪神電気鉄道は、「教育事業」として、年長から中学生を対象としたロボットプログラミング教室「プログラボ」の運営に携わっており、保育施設向けに開発したカリキュラムを用いた園内での授業も展開している。

また、「あんしん事業」では、児童の登下校の安心を届ける「登下校 ミマモルメ」や、認定こども園・幼稚園・保育園を対象に、登園・降園時刻や延長保育時間の管理などができるシステムを通じ、子どもを“見守る”サービス「登降園ミマモルメ」などを展開している。

今回の資本業務提携を契機として、保育施設向けのIT教育プログラムを手掛ける「スマートエデュケーション」と、教育事業及びあんしん事業を手掛ける「ミマモルメ」が連携し、幼児向けプログラミング教育の拡充や、保育施設において情報通信技術を用いた保育業務の効率化を目指す。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。