日本出版「こどもプログラミング本大賞2020」エントリー作品決定、大賞発表は5月中旬

日本出版販売株式会社(代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)は、1月23日(木)に「こどもプログラミング本大賞2020」のエントリー作品を発表した。

「こどもプログラミング本大賞」は、こども向けの優れたプログラミング本の認知拡大を図るべく、投票によって「こどもたちにおすすめしたいプログラミングの本」を決める企画。

昨年2019年に創設され、今回が2回目の開催となる。

2020年度からのプログラミング教育必修化を見据え、こども向けのプログラミング本の刊行点数が増加する中、保護者や教員の判断の助けになる選書の実施と、プログラミング本市場の一層の活性化を目指している。

今回は、プログラミング本を出版している出版社からのエントリーにより、71点の作品が揃った。

2月中旬に投票会を実施し、5月中旬に大賞を発表する。

前回と同様、エントリー作品を利用シーンや利用者別に分類したうえで、それぞれを代表するユーザーの視点で投票を行い、大賞ならびに各賞の受賞作品を決定。

それにより、ユーザーの気持ちを最も体現した賞の実現を目指す。実施概要は以下の通り。

「こどもプログラミング本大賞2020」実施概要

選考部門

  • 「絵本・読み物部門」PCなどのツールを使わず、読むだけでプログラミングやプログラミング的思考を学べる本
  • 「操作マニュアル部門」実際にPCなどのツールを操作しながら、プログラミングについての理解を深める本
  • 「保護者・教員向け部門」こどもがプログラミングを学習するにあたって、保護者や教員に読んでほしい本

※大賞は「絵本・読み物部門」「操作マニュアル部門」より選出。

エントリー作品

71作品

※2019年12月18日(水)~2020年1月9日(木)の期間中に出版社からのエントリーを受け付け、こどもプログラミング本大賞運営事務局にて選考された。

選考方法

下記3会場において投票会を実施し、得票数をもとに受賞作品を決定。

2月14日(金)10:00~18:00

「Developers Summit 2020」内 投票会場(ホテル雅叙園東京)

対象者:ソフトウェア開発者向けカンファレンス「Developers Summit 2020」(主催:翔泳社)
参加登録者

2月22日(土)~2月23日(日)

Tech Kids School 渋谷校(渋谷スクランブルスクエア内)

対象者:小学生のためのプログラミングスクール「Tech Kids School」(運営:株式会社CA Tech Kids)受講生・保護者・講師ほか

2月18日(火)~3月7日(土)

品川区立第二延山小学校

対象者:同校の児童・保護者・教員

賞の概要

  • 「大賞」1作品
  • 「部門入賞」各部門3作品

受賞作品は5月中旬に発表し、その後全国の書店においてフェア展開。

日販は今後も、こどもプログラミング本の認知拡大を図り、プログラミング教育に貢献するとともに、こどもたちが自分に適したプログラミング本と出会えるきっかけを作っていく。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。