42 Tokyo、実践的なノウハウを提供するGoogle Cloud™のSRE講座を開催

一般社団法人 42 Tokyo(本社:東京都港区、代表理事 亀山敬司)は、Google Cloud のエンジニアによる Site Reliability Engineering (SRE)に関する講座を開催することを発表した。

この講座は 2020 年夏期に行われるもので、42 Tokyo の入学試験 Piscine の合格者を対象に提供される。

企業による講座を開催することで、42 Tokyo の学生は 42 Tokyoのカリキュラムだけでなく、Google Cloud が推奨するエンジニアリングを学ぶことができ、クラウドのより実践的なノウハウの習得のサポートを受けることが可能になる。

42 Tokyoは、フランス発のエンジニア養成機関であり、年齢、学歴、性別に関係なく、学費が無料で誰でも平等に教育を受けられる機会を提供する。

また、授業は教師から学生への一方通行ではなく、学生同士が学びあう「ピアラーニング」方式を採用している。

※Google Cloudは Google LLC の商標。

42 Tokyo概要

入学時期

2020年4月予定

本校住所

港区六本木3丁目2番1号住友不動産六本木グランドタワー24F

授業料

無料

応募条件

18歳以上

Youtubeチャンネル


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。