まなびのマーケット「ストアカ」、Wantedlyプロフィールページに「ディプロマ」追加可能に

教えたいと学びたいをつなぐ まなびのマーケット「ストアカ」は、ビジネスSNS「Wantedly」が提供する「認証プロフィール追加ボタン」を2020年1月16日(木)より導入開始したことを発表した。

利用者が獲得したスキルや知識の活用支援を目的とし、今後はストアカから発行された「ディプロマ」(学びの証明)を取得した利用者は、自身のWantedlyプロフィールページに「ディプロマ」の追加が可能になる。

これにより、利用者はこれまでストアカで学んだ内容をビジネスにおいてもアピールできる。

ストアカ認定ディプロマとは

個人による学びの進捗や成長を讃えるため、個々の達成に対して発行する賞状。

ストアカでは、多様化する個人の学びの欲求や方向性に対応するため、受講回数などにより「エキスパート認定」「マスター認定」「ソムリエ認定」など170ジャンルで500種類以上のディプロマ(※)を用意。

受講者には、自身が受講した講座内容に基づいた認定ディプロマが発行され、学びを通じて今後どう成長したいか、なりたい自分の方向性を可視化することができる。

(※)今回の連携では一部対象外となるディプロマもある。

Wantedly「認証プロフィール追加ボタン」導入背景と概要

Wantedly「認証プロフィール追加ボタン」イメージ(ストアカ)

背景

内閣府が提唱する「人生100年時代構想」にある通り、人々がより豊かな人生を送るためには、“いくつになっても学び直しができ、新しいことにチャレンジできる社会”(首相官邸公式ホームページより引用)の実現が不可欠となっている。

ストアカで習得したスキルや知識を自身のキャリア形成や新たなチャレンジに活用してもらいたいという想いから、今回ウォンテッドリー社との連携に至った。

利用者のメリット

1:キャリア形成におけるアピールの強化

ストアカで発行された「ディプロマ」を“認証されたスキル・知識”としてWantedly上で登録することで、自身のキャリア上のPR素材として活用できる。

2:自己研鑽意欲の向上

自身の習得したスキル・知識が、ストアカ内だけでなく、より広い舞台で認められることで、学ぶことに対するモチベーションアップとなり、結果的により豊かな人生を歩むことへの第一歩を促進。

ストリートアカデミーは今回の連携により、現在のストアカ利用者はもちろん、利用者以外に対してもストアカという場を通じて、大人の学び直しへの意義を感じてもらえると考えている。

認証プロフィール追加方法

ストアカの利用者は以下の手順で、ディプロマをWantedlyのプロフィールページに連携することが可能。

今後ストアカは、ディプロマの獲得を通じて、学びの実績と趣味嗜好を踏まえた個人の自己実現の達成をより一層支援していく。

また、大人のまなびを通じた自己実現が社会的な価値につながるよう、ディプロマの評価及び認定を目指す連携を、教育・小売・HR業界と模索していく。

「Wantedly」とは

「Wantedly」は、『シゴトでココロオドルひとをふやす』ことをミッションに掲げるウォンテッドリー株式会社が提供する、はたらくすべての人が共感を通じて「であい」「つながり」「つながりを深める」ためのビジネスSNS。

2012年2月のサービス公式リリースから現在までで、登録会社数34,000社、個人ユーザー数220万人を突破している。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。