TechTrain、オンライン完結型インターン「MISSION」をサイバーエージェントと共同開発

株式会社TechBowl(代表:小澤政生)は、有名企業のエンジニアから実務が学べるオンラインコミュニティ「TechTrain」のMISSIONにおいて、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)と「〜オンライン版〜CA Tech Dojoサーバサイド(Go)編」を共同開発したことを発表した。

共同開発の背景/実現できること

このMISSIONはサイバーエージェントの人気インターンシップ「CA Tech Dojo」をオンライン化したもの。

従来の企業訪問型インターンシップは参加人数、時間や場所に制限があった。

より多くのエンジニアを目指す若者に、サイバーエージェントの魅力を早く・手軽に・身近に伝え、プロのエンジニアを目指すきっかけを提供したいという背景があった。

今回の共同開発により、「いつでも・どこでも・だれでも」オンラインでサイバーエージェントの人気インターンシップ「CA Tech Dojo」を体験できるようになった。

加えてTechTrainを利用することで、サイバーエージェントをはじめ、有名企業のエンジニアメンターにオンラインでメンタリングを受けることが可能。

TechBowlはリアルなインターンをオンラインでいつでも・どこでも・手軽に、そして業界のトップエンジニア達が次世代のエンジニアを、企業横断で育て、日本からワクワクするサービスや事業が生まれる仕組みを創っていく。

TechTrainのMISSIONとは

企業のCTO、採用責任者らと共同開発した実務を疑似体験することができる開発コンテンツ。

30歳以下でエンジニアを目指す人であればだれでも、MISSIONを自由に選び、開発し、プロエンジニアメンターのアドバイスをもらいながら、完全無料オンラインでスキルアップとキャリアアップに取り組むことが可能。

今回のサイバーエージェントとの共同開発を含め、TechTrainが提供しているMISSION数は9社10MISSIONとなった。

サービス開始から半年でユーザー数は500名を突破。

MISSIONチャレンジ者数は開始から2ヶ月で累計100名を突破した。

今後もTechBowlは、有名企業のエンジニアから実務が学べるオンラインコミュニティ「TechTrain」を通じて、プロエンジニアを増やす仕組みを加速し、「ライフワークのきっかけを創る」ことを目指す。

株式会社サイバーエージェント 採用担当 眞砂氏コメント

CA Tech Dojoは、サイバーエージェントが実施する、エンジニア学生向けの育成型インターンです。2019年8月にAndroidアプリ(Kotlin)編とサーバーサイド(Go)編を実施し好評を博したため、より多くの学生の方に届けたいという思いからMISSIONとして実施する運びとなりました。

サイバーエージェントのエンジニア採用では、スキルに加えて入社後に大きく成長できる人材を求めています。「入社後に大きく成長する」ためには、受身の姿勢ではなく、自ら考えて手を動かす「自走力」が重要だと考えています。

このMISSIONを通して、いくつもの壁が立ちはだかると思いますが、乗り越えた先にはエンジニアとして1つステップが上がるでしょう。自走しながら、ぜひスキルアップにチャレンジしてみてください。

「〜オンライン版〜CA Tech Dojoサーバサイド(Go)編」とは

Go言語を用いてプロダクトのAPIを実装しながら、サーバーサイドの開発の基礎を学ぶことができる。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。