デジタル・ナレッジ、アダプティブラーニングの先駆企業・米国Knewton社と業務提携

株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明、以下デジタル・ナレッジ)は、アダプティブラーニングのソリューション事業においてJohn Wiley & Sons, Inc.,(本社:米国ニュージャージー州、代表取締役社長:Brian Napack、以下Knewton)と業務提携契約を締結しましたことを2020年1月23日に発表した。

今回の提携により、デジタル・ナレッジは新しいアダプティブラーニングソリューションを提供すると共に、この提携で得る知見を生かし、すべての学習者に対し最適な学びを届けることのできるアダプティブラーニングモデルの構築に挑む。

業務提携の背景

デジタル・ナレッジはこれまで数多くの企業・官公庁・塾・スクール・学校法人に対し、1500を超えるeラーニングプロジェクトを成功に導くなど、テクノロジを活用した教育の実践ノウハウを積み重ねてきた。

昨今、テクノロジの進化により一人ひとりに最適な教育を提供可能なアダプティブラーニングへの関心が高まり、取り組み強化の必要性を感じていた。

世界で数千万人に活用されてきた 高品質なアダプティブラーニングエンジンを持つKnewtonとタッグを組むことで、より先進的な学びの機会を提供しさらなる教育の発展に貢献するため、今回の業務提携に至った。

デジタル・ナレッジのアダプティブソリューションについて

教材の数、形式、バリエーション、また受講者の特性や学習期間などによって最適なアダプティブラーニングの形は異なる。

デジタル・ナレッジでは、大きく分けて2タイプのアダプティブラーニングソリューションを用意している。

顧客のニーズに合わせた、最適なアダプティブラーニングソリューションを提供する。

1:ナレッジグラフ評価型

教材の数が多く、広い範囲を体系的に学ぶのに適している。

教材を学習単元(Learning Objective, 教材を構成する学びのねらい)に分け、それぞれの単元に強弱の付いた関連付けを行う。

ナレッジグラフ評価型では、一人ひとりの学習者の単元に対する理解度の変化を常に計測し、目標達成すれば次の単元に進む。

ある単元の習得につまずいている場合は、その単元を理解するために必要な単元に即時に遡って、問題や教材に取り組むことをレコメンド。

この繰り返しにより、「分からない事が分からないまま先に進む」「簡単な問題ばかり解いて学習に飽きてしまう」というような事にならず、一人ひとりに適切な順序や方法で学習を進め、効率よく修了する事ができる。

また学習状況や達成状況を可視化することにより、コーチやメンターが個々の学習者の理解度を把握し適切な指導やカウンセリングを行うことが可能になる。

学習者によって理解の速度やベースとなる知識に差があるが、ナレッジグラフ評価型であれば一人ひとりの学習者に最適化された学びを提供する事が出来る。

すでにファーストユーザーとして、英会話スクールを運営する株式会社イーオンに「ナレッジグラフ評価型」が導入されている。

2:系統トレース型

限られた時間内で、一定の学習内容の理解を定着させるのに適している「系統トレース型」も用意。