「プログラミング教育」研究協力校の長谷戸小学校、知育玩具「コード・A・ピラー ツイスト」を導入

世界大手の玩具メーカー、米国マテル社の日本法人マテル・インターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:工藤幹夫)は、今年90周年を迎えたフィッシャープライスブランドより発売中のプログラミング知育玩具「コード・A・ピラー ツイスト」を活用した実践型プログラミング授業を、1月22日(水)より渋谷区立長谷戸小学校にて本格的に導入することを発表した。

「コード・A・ピラー ツイスト」を活用した実践型プログラミング授業の概要

渋谷区の小学校では、子どもたち一人に一台タブレットを貸与し、学校や家庭で効果的に活用している。

その中でも、長谷戸小学校は2019年度、東京都教職員研修センター教育課題研究「プログラミング教育」研究協力校の指定を受け、ICT教育に力を入れた授業に取り組んでいる。

2020年度から始まる小学校でのプログラミング教育必修化にあたり、長谷戸小学校副校長である望月伸司氏の「小学校におけるプログラミング教育で大切なことは、プログラミングに対する興味や関心の種を撒くこと。プログラミングへの苦手意識をつくってしまうような授業は避けなければなりません。そのためには、とにかく全員が楽しいと思える授業をすることが大切。」という考えのもと、プログラミング知育玩具である「コード・A・ピラー ツイスト」を教材とした実践型授業の実施が決定。

この授業では、一般的なタブレット教材ではなく、イモムシ型で愛着が湧きやすいプログラミング知育玩具「コード・A・ピラー ツイスト」を用いることで、子どもたちが自ら考え、遊びながらプログラミングを体験し、楽しい経験だと感じてもらうことで将来の可能性に繋げることを目的としている。

さらに、予め設定されたゴールから逆算して試行錯誤しながらプログラミング的思考を育むだけでなく、自由な発想で遊び方を考えることで創造力を広げ、かねてから提唱されているSTEM(ステム)教育にA(芸術)の要素を含めたSTEAM(スティーム)教育の一環となることも目指している。

長谷戸小学校ではすでにテストとして、1年生と3年生を対象に「コード・A・ピラー ツイスト」を教材とした授業を実施している。

今後は子どもたちの反応を見ながら、1年生から6年生までの各学年を対象とした授業カリキュラムを作成し、各学年のレベルに合わせた実践型授業を行う方針。

長谷戸小学校副校長 望月伸司氏のコメント

プログラミング教育必修化という新たな取り組みを前に、教員、保護者、児童それぞれが不安を感じているのではないでしょうか。そんな中、教師や保護者が、プログラミングを新たな学習事項と捉えて、「正しく、きちんと教える」ということにこだわりすぎてしまうと、子供たちの中に芽生えたせっかくの興味の芽を摘んでしまうことにもなりかねません。

一番大切なことは「楽しく学ぶ」こと。「楽しい!」と感じれば、子供たちは自分たちで主体的に学びだすのです。遊んで学ぶプログラミング授業を通し、「プログラミングは楽しい」と思えるきっかけを与え、さらに創造力も育むことができれば嬉しいです。

コード・A・ピラー ツイストについて

「コード・A・ピラー ツイスト」は、「日本おもちゃ大賞2017」の「エデュケーショナル・トイ部門」において優秀賞を受賞した「コード・A・ピラー」を、より使いやすくリニューアルしたイモムシ型のプログラミング知育玩具。

動きを指示する5つのダイヤルを回すだけでイモムシ型ロボットの動きを指示することができる。

使用方法

「前進」「右折」「左折」「音楽」「しゃべる」「動物のまね」「食べる」「眠る」の8種類のコードから4つずつが5つ胴体に搭載されており、ダイヤルで指定することができる。

スタート地点とゴール地点を決めて、イメージ通りに動かせるようにプログラミングすることで、子どもの論理的思考の発達をサポート。

途中に障害物を置くなどの工夫で、子どもの成長にあわせて難易度を調整することも可能。

メーカー希望小売価格

税抜5,000円(税込5,500円)

対象年齢

3歳以上

パッケージサイズ

W49.5cm×D10.2cm×H16.5cm


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。