ヒューマンアカデミー、学童保育施設Hiraku Kidsでロボホンを活用したプログラミング教室を実施

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、教育事業を運営するヒューマンアカデミー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:川上 輝之、以下「ヒューマンアカデミー」)は、英語で学べる学童保育施設「Hiraku Kids(ひらくきっず)Human Academy After school for Global Kids」(以下「ひらくきっず」)のみなとみらい校と大井町校で、シャープ株式会社(以下「シャープ」)製のモバイル型ロボット「RoBoHoN(以下、ロボホン)」を活用してプログラミングを学ぶ『ロボホンと一緒にプログラミング教室』を2019年12月27日(金)に開催し、当日の内容を発表した。

Hiraku Kids 2019 Winter School『ロボホンと一緒にプログラミング教室』当日の内容

Hiraku Kids 2019 Winter Schoolは、ひらくきっずの利用者を対象に冬休み期間限定で開催するイベント。

その中で、シャープのロボホンを活用してプログラミングを学ぶ『ロボホンと一緒にプログラミング教室』を開催。

当日は、ひらくきっずみなとみらい校と大井町校に通う子どもたちが参加した。

ロボホンの担当者が講師となり、約1時間にわたり、ロボホンと一緒にプログラミングを学んだ。

講師からプログラミングの概要やロボホンについての説明後、ロブリック(※)の画面を見せながら実際にロボホンを動かすデモを実施。

子どもたちはプログラムを使用して、「話す」「ダンスをする」などの課題に取り組んだ。

参加者の多くが、プログラミングが初めてだったが、試行錯誤しながらも、楽しそうにプログラミングを体験。

子どもたちからは、「またこの授業を受けたい」「はじめてプログラミングをしたけど楽しかった」などの声があり、プログラミングの楽しさを感じ取ることができたようだった。

今後、ヒューマンアカデミーでは、ひらくきっずにおいて、子どもの可能性や能力が発揮できる内容のほか、今回のプログラミング教育をはじめとするSTEAM 教育の提供に力を入れるなど、幼少期から取り組めるプログラムを開発していく。

ロブリック:ロボホンのセリフや動きをプログラミングできる専用アプリ。ブロックを組み合わせるだけでプログラムを作ることができるため、楽しく遊ぶ感覚でプログラミングの学習ができる。

開催日時/会場

2019年12月27日(金)14:00~15:00/ひらくきっずみなとみらい校

ロボホン」とは

「ロボホン」は、2016年5月にシャープ株式会社より発売された会話のできるモバイル型ロボット。

二足歩行が可能なヒューマノイドロボットとしては極めて小型のサイズ(身長約19.5cm)を実現し、外出先にも持ち運んで使用できる。

身振り手振りを交えての会話や、内蔵のカメラを使い、様々な用途活用が可能。

※「ロボホン」「Robohon」「RoBoHoN」はシャープ株式会社の登録商標。

Hiraku Kids(ひらくきっず)Human Academy After school for Global Kids」とは

ヒューマンアカデミーが運営する新しい形態のインターナショナルアフタースクール。

学童保育でありながら、「国際バカロレア」の認定校である東京インターナショナルスクールの知見を継いだ「探究型英語プログラム(EIP:English Inquiry Program)」を取り入れたカリキュラムや、全国に1,400教室を超えるヒューマンアカデミーのロボット教室等を組み合わせた独自のプログラムを提供し、新時代に必要な力を育み、世界で活躍できるグローバル人材を育成するインターナショナル学童保育施設。

国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)・・・1968年に設立された国際バカロレア機構(本部:ジュネーブ)が提供する国際的な視野を持った人材を育成するための教育プログラムのこと。旧来的な暗記型の学習ではなく、深く幅広い探究力を育てる学習カリキュラムであり、高校教育課程でIBディプロマ(DP)を取得すると、国内のみならず、ハーバード、オックスフォードなど世界の大学への入試で通用する成績証明書が得られるため、高い国際的評価を得ている。

探究型英語プログラム(EIP:English Inquiry Program)・・・従来の文法や単語を暗記する英語学習法とは異なり、生徒の主体的な関わりを強く求める体験型の授業(Active Learning)。

Hiraku Kids(ひらくきっず)では、学期ごとにテーマ(世界の国、アート、仕事体験など)を設定。

各テーマについて教師が本質的な問い(Core Question)を投げかけ、子どもたちは答えを探していく。

その過程で物事をさまざまな角度から見ることを覚え、創造的な能力、論理的な考え方、リーダーシップ、他者を思いやる力などを身につけていく。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。