eラーニングの基本機能がついた「ドリルメイト」、教育格差是正に向け無料提供を開始

(有)インディーロム(東京都渋谷区、代表・渡邉修也)は、インターネット上で学習するeラーニングの管理システムのうち、学習、教材編集、教材の無料投稿・有料出品、配信・販売の機能を、無料で利用できるようにした新サービス「ドリルメイト」を、1月22日から一般向けに提供開始することを発表した。

これはユーザー登録だけで、法人・個人にかかわらず利用できるようにしたもので、これまで費用の関係でeラーニングをあきらめていた中小企業・学習塾、セミナー講師などの個人事業主のほか、フリースクール、家庭内でも、eラーニング学習が可能になる。

日本語以外の言語も登録できるため、外国人労働者の受入企業における業務知識の習得のほか、日本の慣習や社会ルールなどの学習にも活用できる。

「ドリルメイト」概要

経済格差の拡大が進む中、教育の現場では、各家庭の経済格差が塾、進学などの教育機会の格差につながっていくことが懸念されている。

また、日本の小・中・高生の学力の平均値は2000年代以降伸び悩み、国際的な学力比較においても相対的な順位を下げている。

子どもたちは、こうした事実を敏感に感じ取ってか、小・中学生アンケートでも「自己肯定感」は低下傾向にある。

「ドリルメイト」は、eラーニングの基本機能を無料開放することで、教材の無料投稿や比較的低価格での有料教材の出品を促し、教育機会の門戸を開放することで、格差の是正・縮小のための民間レベルの教育プラットフォームを目指すもの。

「ドリルメイト」の利用方法

「ドリルメイト」のウェブサイトにてユーザー登録し、マイページにログインすることで、「まなぶ(教材の入手と学習)」「つくる(教材の作成)」「くばる(無料投稿または有料出品)」の機能を利用できるようになる。

ユーザー登録とサービスの利用は「無料」(※)。

有料出品した教材が売れた場合、売上金の50%が教材出品者に還元される。

※注:教材は、無料教材と有料教材があり、有料教材の場合には、教材代金を支払い購入。ユーザー登録には「メールアドレス」が、サービスの利用にはインターネットにアクセスできるPC・タブレット・スマートフォンなどの端末が必要。また、インターネット通信費、端末等の費用はユーザー負担となる。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。