KTCおおぞら高等学院、みらい学科プログラミングコースの授業を公開

「高卒資格がゴールじゃない。なりたい大人になるための学校(R)。」を掲げる広域通信制・屋久島おおぞら高等学校の指定サポート校・KTCおおぞら高等学院(本部:名古屋市、学院長:小林英仁)高崎キャンパスでは、1/22(水) 14:30より、みらい学科プログラミングコースの授業を公開することを発表した。

KTCおおぞら高等学院 みらい学科プログラミングコース公開授業の概要

2020年4月(来年度)小学校で必修化となるプログラミング教育。

KTCおおぞら高等学院では様々な学科、カリキュラムを開設している中で、「みらい学科・プログラミングコース」を開設している。

このコースは今後の社会で必要と言われるプログラミング的思考=論理的思考力、問題解決力を養うことを目的とし、学びを深めている。

現在、このコースに在籍している生徒が学院内で2月に開催される全国大会での勝利を目指し、日々練習を続けている。

今回『みらい学科プログラミングコース』の様子、大会に向けた練習を公開。

日時

令和2年1月22日(水) 14:30~16:00

場所

KTCおおぞら高等学院 高崎キャンパス

参加者

みらい学科プログラミングコース受講生徒