NTT東日本など6者、eスポーツ分野における新会社「株式会社NTTe-Sports」を設立

東日本電信電話株式会社、株式会社 エヌ・ティ・ティ・アド、西日本電信電話株式会社、NTTアーバンソリューションズ株式会社、スカパーJSAT株式会社、株式会社タイトーは共同出資を行い、eスポーツ分野における新会社「株式会社NTTe-Sports」(本社:東京都新宿区、以下NTTe-Sports)を2020年1月31日(予定)を設立することを発表した。

NTTe-Sportsでは、eスポーツにおけるICTを活用した設備の構築・運用、サポート(教育)事業、プラットフォーム運営、イベントソリューションおよび街の活性化コンサル等の提供を通じ、地域社会への貢献をめざす。

「NTTe-Sports」設立の背景と目的

現在、eスポーツ市場は急速な拡大傾向にあり、海外市場規模は約1,000億円を突破し、国内市場も2022年には約100億円に達する見込み。

2019年の茨城国体では文化プログラムに採用されたほか、経済効果や集客拡大等による地域活性化を期待し、自治体等によるeスポーツのイベント誘致や主催も増加している。

こうした中、NTT東日本は、高品質で安定した通信ネットワークやICT技術を軸に、NTTアドと連携し、eスポーツ施設やイベントにおけるICTソリューションの提供、イベントの企画運営支援等を2019年3月に開始し、多種多様な事業者と連携しながら、自治体等の悩みや相談の解決に尽力してきた。

その過程で、eスポーツを通じた、「新たなつながりや体験」の創出・新しい文化や社会の創造・地域活性への貢献を果たすために、より幅広く、効率的かつ機動的に事業対応を進める必要性を実感。

こうした背景を踏まえ、eスポーツ分野に注力した新会社を設立し、ICTの力と連携各社の力を掛け合わせることで、次世代eスポーツのトータルソリューションの提供やコミュニティの推進、地域社会と経済活性への貢献を実現していく。

各株主の主な役割(予定を含む)

NTT東日本、NTT西日本

ICT技術(高速大容量のネットワーク・ローカル5G 等)や局舎スペースの活用、地域密着型の営業体制 等

NTTアド

ブランディング・広告、協賛営業・イベント企画支援 等

NTTアーバンソリューションズ

街づくり支援・不動産アセットの活用 等

スカパーJSAT

映像配信・コンテンツ制作、保有する通信衛星を活用した海外配信、メディア連携 等

タイトー

大規模大会の企画・運営、街の活性化のためのエンタメコンテンツの提供、施設管理・運営 等

主な事業内容

高品質で安定した通信ネットワークやICT技術を軸に、以下の事業を展開していく。

施設構築・運営

未来技術を活用した先進的なeスポーツ施設を秋葉原UDXに開設する。

コミュニティやプロ選手等を誘致し施設収益を確保するとともに、地域拠点とつなぎ、低コストで付加価値の高いイベント、サポートメニューの提供を目指す。

eスポーツ施設の概要

  • 所在:東京都千代田区秋葉原(秋葉原UDX4F)
  • 開業時期:2020年7月以降

サポート(教育)

遠隔コーチングやバイタルデータ分析などの新たな付加価値を拡充し、人材教育サポートや動画コンテンツ等の配信サービスの運用、プロチーム、学校、福祉施設向け講座など教育カリキュラムを提供する。

プラットフォーム

eスポーツの総合プラットフォームを構築し、イベント運営効率化やマッチング、動画コンテンツ配信等を予定している。

イベントソリューション

イベントの高付加価値化(遠隔実況、AI解説等)による先進的なエンターテイメントショーケースを提供し、将来的には各地を盛り上げるリーグ立ち上げを目指す。

街の活性化コンサル

産業、観光、コミュニティ、教育、医療、福祉等分野でeスポーツを活用した街の活性化に向けたコンサルティングを実施し、自治体等と連携した地域活性化に貢献。

今後の展開

イベントソリューション事業の一手として、タイトーと連携し、国内最大級のアーケード版eスポーツ大会「闘神祭2020 -World Championship of ARCADE-」を共催する。

NTTe-Sportsは競技進行や会場に必須となるICTソリューションを提供しつつ、スカパーJSATのコンテンツ制作や映像配信に関するノウハウや資産を活用し、エンターテイメント性や配信面の強化・海外展開拡大等を見据えた企画運営にも協力していく。

またサポート(教育)事業においては、株式会社サードウェーブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 尾崎 健介)と連携し、高校などの教育機関に対するeスポーツの浸透を推進。

サードウェーブの提供する「eスポーツ部発足支援プログラム」について共同で提供拡大を図る。

また、競技指導者が不在でも学生の成長を支援できるような、ICTを活用した指導サポートを提供予定。

「闘神祭2020 -World Championship of ARCADE-」について

2015年度からタイトーにより開催されてきた、アーケードによるeスポーツの国内最大規模の大会。

全国のゲームセンターで実施される店舗予選、エリア決勝大会を勝ち上がった代表者達で、人気アーケードゲームタイトルのNo.1プレイヤーを決定する。

決勝大会会場では、最後の出場枠を賭けた「当日予選」の開催、メーカー公式物販コーナー、新作対戦ゲームの試遊などの催しも展開している。

店舗予選大会&エリア決勝

日時

2019年12月7日(土)~2020年4月12日(日) (予定)

会場

全国のゲームセンター

全国決勝大会

日時

2020年5月16日(土)・17日(日)

会場

TFTホール(東京ビッグサイトTFTホール)


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。