Amazon、東北の未来を担う児童たちに向けて「Mobile FC」によるSTEM体験教室を実施

Amazonは、2020年1月19日(日)、岩手県陸前高田市のアバッセたかた多目的広場において、陸前高田市役所と連携し、市内在住の小学2年生から6年生と、父兄およそ70名を対象に、Amazon Roboticsとフルフィルメントセンター(以下FC)を題材とした体験学習会を開催した。

体験学習会の概要

〈プログラミング体験の様子①〉

体験学習会はAmazonの社員が企画運営し、当日は最新の物流施設の職業体験やプログラミングを学ぶことが出来る移動式の体験学習車両「MobileFC(仮称)」を東北地方で初めて披露した。

AmazonのFCは、「Amazon in the Community」を掲げて、従業員が地域の子供たちの未来を応援するための活動に積極的に参加している。

その一環として、若者の未来を応援することを目的に、2017年から小学生向けにScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を学ぶSTEM教室を開催している。

それらのコミュニティ活動が評価されて、2019年2月に、文部科学省が推進する「青少年の体験活動」の機会の充実と普及啓発を図る企業として、「青少年の体験活動推進企業表彰」の審査委員会奨励賞を受賞。

当日は、アマゾン川口FCの代表である片桐秀行サイトリードが、Amazonが顧客の注文から、商品を届けるまでのイノベーションとテクノロジーについて説明を行い、参加児童はAmazon Roboticsを活用した仕事などを体験。

さらにプログラミングの体験教室を通じて、未来の東北を担うためにコンピューターサイエンスやエンジニアリングに興味を持ってほしいことを伝え、市立図書館にもテクノロジーやコンピュターサイエンスに関連する書籍を寄贈。

体験会に参加した小学生の感想

  • 「大きなトラックで勉強したことが、とても楽しかったです。」
  • 「すべてが初めての経験でとてもワクワクしました。もっといろんな技術を勉強したいと思いました。」

イベントに参加した戸羽 太 越前高田市長のコメント

2020年は、東日本大震災の発災から9度目の新年を迎えました。今なお復興の途中である東北の今に関心を持ち続けていただけるよう、今回のプロジェクトを企画し、陸前高田を支援し情報発信してくださったAmazonの皆様には深く感謝申し上げます。

今年度から小学校の授業で『プログラミング』が必修科目となります。日本は少子高齢化が進み、ロボットやAIといったテクノロジーがさらに必要とされます。

今回のプロジェクトでは、4月からの授業に先んじて書籍の寄贈だけでなく、プログラミングに触れ・学ぶことができる機会を作ってくださり、陸前髙田の子どもたちの未来を応援する活動をしてくださったことを大変嬉しく思います。

アマゾンジャパン合同会社 川口FC片桐秀行サイトリード のコメント

AmazonのFCは、従業員一同で、Amazon in the Communityのもと、地域の課題解決に参加をしてゆきます。スピード感を重視する社風ゆえに、1年のはじめであるこの1月に、今年1回目の体験教室を陸前髙田市で実施出来たことは、とても意義のあることだと思います。Amazonは、東北への関心を高めるために様々な取り組みを行ってまいります。

日時

2020年1月19日(日) 10:00~12:00

会場

アバッセたかた多目的広場

参加者

市内在住の小学生と保護者

Amazonの地域貢献活動について

Amazonは、現在、世界の20の国や地域でサービスを展開しており、どの国や地域においても、物流拠点であるFulfillment Center(フルフィルメント センター 以下FC)が所在する地域の人々との連携として、「Amazon In The Community (AITC)」を推進している。

日本国内でも、これまでに、FC近隣の小学校での出張授業や地元コミュニティとの交流プログラムなどを積極的に実施。

被災地支援関連では、令和台風台風19号の被災地復興の活動として、2019年11月9日に神奈川県川崎市でボランティアチームを組織し、多摩川河川敷の清掃活動を行い、また、同年12月1日には、長野県長野市で長野県を拠点とする地元のスポーツ団体や支援団体と連携した被災地支援プロジェクト「Amazon Holiday Smile in 長野」を開催している。

Mobile FCについて

〈開会式の様子〉

Mobile FCは、インターネット通販の仕組みを学び、AmazonのFCにおける作業を体験できるように、2019年7月に開発された体験学習車両。

Amazon Roboticsを導入しているFCで実際に行われている商品の棚出しや梱包といった作業が体験でき、自走式商品棚(ドライブとPOD)の原寸大模型などに直接触れることが可能となっているため、Amazonのテクノロジーやイノベーション、安全を最優先する働きやすい職場環境などを学習することができる。

また、2020年から日本の小学校でのプログラミング教育の全面実施に先駆け、STEM教育{Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)}の一環として、Amazon Roboticsの操作を学ぶプログラミング学習ができるワークショップも実施している。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。