東京学芸大こども未来研究所が推進する「STEM教育プロジェクト」、アマゾンウェブ サービスとスポンサー契約を締結

特定非営利活動法人東京学芸大こども未来研究所(理事長 大谷忠/住所:東京都小金井市)は、推進している「STEM教育プロジェクト」について、Amazon Web Services, Inc.とスポンサー契約を締結したことを発表した。

Amazon Web Services, Inc.とのスポンサー契約の背景と概要

「STEM教育プロジェクト」は東京学芸大こども未来研究所、株式会社おもちゃ王国、株式会社ヴィットハート、国立大学法人東京学芸大学との4者の共同研究(「最先端のSTEAM教育を取り入れた学校教育・地域教育・家庭教育支援方法の実践研究」)から発展した、社会教育、家庭教育、学校教育の現場で、日本のSTEM教育の裾野を広げていこうとするプロジェクト。

2013年から株式会社ヴィットハートが販売をしている、中学校・技術家庭科向け教材「TECH未来」シリーズの教育内容を中心とした教材の研究開発などを始めとし、「業種を超えて」活動するこの計画は、2017年の経済産業省中国経済産業局認定 異分野連携新事業分野開拓計画(新連携計画)の1つとして採用された。

このプロジェクトでは教育現場の先生や教材販売協力各社などの理解と協力を得ながら、中学生・小学生を対象としたSTEM教育のプログラム開発に力を入れ、小学校でのプログラミング教材としての「プログラム未来」の教材開発や研修会の開催、教材販売や教室の運営、その教材を用いた「活用力コンテスト」の開催など、様々な取り組みを行ってきた。

中学校の技術教材「TECH未来」は現在24県146校(2019年12月現在)に導入されている。

また、イベント「STEM QUESTスタジアム」は2017年にスタートし、これまで日本全国で10会場、約5000名の小学生が参加。

様々な地域の子どもたちに、遊びを通じてSTEM教育の体験を提供してきた。

東京学芸大こども未来研究所は、今回、世界で幅広くクラウドプラットフォームを提供し、STEM教育を中心とした地域支援活動「AWS InCommunities」を推進するAmazon Web Servicesからの協賛や支援、協力を受けることにより、STEM教育をより加速度的に日本中に広げていくことができると考えている。

期間

2020年1月1日-2020年12月31日

内容

  1. 小学校16校、中学校8校にSTEM教育プログラムの教材を贈呈(800人以上の生徒をサポート)。
  2. STEM教育教材を利用している生徒に向け、活用力コンテンストの開催をサポート
  3. STEM教育イベント「STEM QUEST スタジアム」 の開催サポート(2020年9月予定)。

アマゾン ウェブ サービスについて

アマゾン ウェブ サービス(AWS)は13年にわたり、世界で最も包括的かつ幅広く採用されたクラウドプラットフォーム。

AWSは、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワーキング、分析、ロボット工学、機械学習および人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、モバイル、セキュリティ、ハイブリッド、仮想現実(VR)および拡張現実(AR)、メディア、ならびにアプリケーション開発、展開および管理に関する165種類以上の十分な機能を有するサービスを提供。

AWSのサービスは、22の地理的リージョンにある69のアベイラビリティーゾーン(AZ)で利用可能。

これに加え、インドネシア、イタリア、南アフリカ、スペインを含む4の地理的リージョンにおける13のAZの開設計画を発表している。

AWSのサービスは、アジリティを高めながら同時にコストを削減できるインフラエンジンとして、急速に成長しているスタートアップや大手企業、有数の政府機関を含む数百万以上のアクティブな顧客から信頼を獲得している。

特定非営利活動東京学芸大こども未来研究所について

NPO法人東京学芸こども未来研究所は、国立大学法人東京学芸大学と株式会社おもちゃ王国が協働で設立した、全国でも数少ない教員養成系学部における産学共同研究のための組織としてスタート。

広く一般市民を対象として大学の「知」を地域に還元していくことで、子どもが健全に育つ環境の整備、学校内外の教育力の向上に寄与することを目的とし、子どもを取り巻く「ひと(人材育成)」「モノ・コト(開発・調査)」、「コミュニケーション(伝達支援)」を軸に事業を展開。

東京学芸大学の教育に関する実績を、様々な教育関連現場のニーズに合わせてカスタマイズし提供することを、主な業務としている。


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。