松竹芸能のお笑い芸人による企業・学校向け研修プログラム「笑育」が脳科学×AIと連携、検証研究を実施

松竹芸能株式会社(代表取締役社長:関根 康)は、「笑い」と「教育」を掛け合わせた「笑育(わらいく)」を事業運営している。

今回、AIを利用して人間の行動・表情を評価する技術を開発している株式会社Oruche社(代表取締役社長:上田 純也)らと連携し、「笑い」が人間関係の構築や営業力向上のためのコミュニケーション力強化等で効果があるのかを検証、研究することを発表した。

検証・研究の目的

笑育は、お笑い芸人による研修プログラムとして2012年より学校・企業向けに提供されている。

新規の問い合わせやリピート受注は多いが、効果・効用を提示する具体的なエビデンスが不足している状況だった。

松竹芸能は今回の検証を通じて、顧客のサービスの向上に繋げていく。

また、個々のワークエンゲージメントを高め、組織が成長することにより日本全体が強く明るくなるための一助になりたいと考えている。

検証施策

笑育研修前後に行う参加者へのアンケートと研修中の表情解析にて検証する。

アンケートは事前、直後、1週間後の計3回行われ、仕事に対する姿勢や組織コミットメントなどの項目があり、各指標の数値が向上することで笑育の効能が立証される。

笑育研修中の表情解析ではAIを用いて、参加者の笑顔頻度や感情の種類を測定し、アンケートとの相関性について解析する。

現時点の笑育解析状況

  • 1秒ごとの笑顔数の合計は、笑育全体で約58,000個の笑顔が(平均11人)あった(ストレス減少に効果がある
  • 笑育終盤になると感情の動きに一体感が見られた(共感度が高まった
  • 漫才発表ワーク中(終盤)は聴衆の感情は幸福感が60%~90%で、幸福感が高かった
  • 笑育序盤と比べて終盤は幸福の量が増加した

次回の笑育検証実施の場所と日時

場所

静岡文化芸術大学      

日時

令和2年1月22日(水)16:15~19:40​


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。