ヒューマングループ、導入企業の76%が課題とする「RPA人材の育成」に向け研修プログラムを拡充

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で人材サービス事業を運営するヒューマンリソシア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:御旅屋 貢)は、RPA導入企業の76%が課題とあげる「RPA人材の育成」を支援するため、新たな独自研修プログラム「実践トレーニングコース」(2研修)を開講することを発表した。

これまでの操作スキル習得研修に加え、新たに、「RPA化するための考え方」や「業務プロセスの可視化」など、RPA化に必要な思考力を鍛える研修プログラムを開発し、ヒューマンリソシアのトレーニングセンターで開講する。

「実践トレーニングコース」開講の背景

長期化する人手不足や人材採用難、人口減少など、将来的な働き手の確保に懸念が高まる中、企業にとって、生産性の向上が大きな命題となっている。

このような中、事務業務を自動化するRPAの活用は一気に広がりを見せているが、同時に、RPAを導入しても期待した効果が得られていない、という声もあがっている。

また、ヒューマンリソシアが実施したRPA導入企業のアンケート調査では、8割近くとなる76%が、RPAの活用を阻害している要因として「RPAスキルを持った人材育成が難しい」ことをあげており、RPA活用の推進においてRPA人材の育成が急務であることがわかる。

このような中、ヒューマンリソシアはこれまで、全国9カ所にトレーニングセンターを開設し、延べ8,000人を超えるユーザーのRPAスキル向上を支援してきた。

しかしながら、RPAユーザー層が広がるにつれ、「RPA操作は習得したが、何をどうやってRPA化すればよいのかわからない」といった相談が多く寄せられるようになってきた。

そこで今回、ヒューマンリソシアのRPAインストラクターおよびエンジニアが受講者の声を吸い上げ、新たな研修プログラムの開発に至った。

今後の展開

RPAの普及に応じて、RPA担当となる人材層も変化している。

情報システム室やIT推進担当といった、比較的ITツールになじみがある人のみではなく、実際にRPAを利用する事務部門に所属する人が、RPA担当となるケースが増えている。

ヒューマンリソシアとしてはこれからも、企業のRPA活用に向け、教育を中心としたサポートを包括的に提供していくことで、業務自動化および生産性向上支援に取り組んでいく。

「実践トレーニングコース」概要

新たに開講する「実践トレーニングコース」は、従来の操作スキル習得をメインとした研修とは異なり、RPA化に向けた考え方や業務プロセスの可視化スキル向上にフォーカスした研修。

RPAソリューション「WinActor®」を使用し、初級レベルの操作スキルを持つ人に対して、実際に業務をRPA化するための思考力を鍛える。

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)・・・ソフトウエア型ロボットによる業務自動化の取り組みのこと。「仮想知的労働者(Digital Labor)」とも言われ、主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担う。

WinActor®・・・NTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標。


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。