東京すしアカデミー、6ヶ月見放題の動画レッスンサービスを開始。職人の解説付き動画で江戸前寿司の技術や知識を学習

寿司職人養成学校の東京すしアカデミーは、江戸前寿司の技術や知識を動画で学習できるオンライン動画サービス『東京すしアカデミー動画レッスン』をリリースしたことを発表した。

『東京すしアカデミー動画レッスン』概要

動画セット『寿司職人の基本』では、寿司の握り方の基本、シャリの仕込み方、包丁の研ぎ方などの動画が見られます。

東京すしアカデミーは2002年開校の日本初の寿司職人養成学校。

卒業生は4,000名を超え、世界50カ国以上で活躍している。

昨今、会社を辞めずに働きながら寿司を学びたい需要が増加しており、週一回通う『週末特訓コース』が人気。

就職、開業を受講の目的とする方はもちろん多いが、大人の本気の趣味や、ビジネスのための接待やパーティーで披露したい方の受講も少なくない。

家族などに自分の握ったお寿司を食べてもらいたい目的の人にとって、気軽に始められる動画サービスは最適。

YouTubeなどの無料の動画配信サービスでも寿司の握り方や魚の捌き方の動画は見られるかもしれないが、『講師によるわかりやすい解説付きの動画』は寿司職人養成学校の強み。

動画はすべて東京すしアカデミーの講師が監修しており、教室に通う受講生に実際に教えている内容と全く同じ。

繊細な作業を行う講師の手元がアップで見られることや、スロー再生や2倍速にも対応しているので自分のペースで理解しやすい点は動画学習ならではのメリット。

受講方法

WEBサイトから希望の『動画セット』のページを開き購入。視聴有効期間は購入後183日間。

『東京すしアカデミー』概要

東京すしアカデミーは2002年に開校した日本初の寿司職人養成学校。

4,000名を超える卒業生が世界50カ国以上で活躍している。

世界的な寿司ブームが続く中、本物の寿司を求めてやってくる訪日旅行客の数は増加傾向にある。

「飯炊き3年 握り8年」といわれる寿司職人の技術を最短2ヶ月で習得できるカリキュラムを開発し、深刻な人手不足が続く寿司業界に対して即戦力の人材を育て送り出す活動を続けてまいりましたがこの需要はますます高まっている。

選べる3コース

集中特訓コース

2ヶ月間で寿司職人の技を習得できる人気コース。独立開業や海外就職、洋食シェフのキャリアチェンジ受講者が多い。

寿司職人養成インターンシップコース

8ヶ月間のコース。飲食業界未経験でも技術・知識の習得が可能。インターンシップ研修では給料をもらいながら現場経験が得られる。

週末特訓コース

週1回11ヶ月のコース。現在の仕事を続けながら寿司業界への転職や開業を目指す。趣味や、ビジネスの接待のための受講者も多い。

3月・4月・5月の開講情報

コース名 日程
151期:集中特訓コース 3月2日~4月24日
27期:寿司職人養成インターンシップコース 3月2日~11月4日
週末特訓コース:20年春土曜クラス 20年4月4日~21年2月20日
週末特訓コース:20年春日曜クラス 20年4月5日~21年2月21日
152期:集中特訓コース 5月11日~7月3日
28期:寿司職人養成インターンシップコース 5月11日~12月26日

ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。