導入校1,000校以上の「Find!アクティブラーナー」と高校生の“3人に1人”が利用する「Classi」、2020年4月より連携

株式会社Findアクティブラーナー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:永井 充)が提供するオンライン教員研修サービス「Find!アクティブラーナー」は、2020年4月よりClassi株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山﨑 昌樹、以下 Classi)が提供する教育プラットフォーム「Classi」との連携をスタートすることを発表した。

提供開始より3年弱で導入校1,000校以上となった「Find!アクティブラーナー」と、全国の高校の“2校に1校”(2,500校超)、高校生の“3人に1人”(116万人) が利用している「Classi」が連携することにより、より多くの先生に学ぶ環境を提供することが可能になる。

今回の連携で先生自らの設定が不必要となり、「Classi」のアカウントで「Find!アクティブラーナー」のコンテンツを閲覧することが可能に。

また、Find!アクティブラーナーでは、「Classi」を使った授業の実践動画も配信予定。

「Find!アクティブラーナー」と「Classi」連携の背景

深刻な問題になっている先生の長時間労働だけではなく、2020年の教育改革へ対応するために、今まで以上に先生が「効果的に学ぶことができる環境整備」が求められている。

「Find!アクティブラーナー」は、これまでにこれらの問題を解決すべく取り組みを進めてきたが、「Classi」と連携することで相乗効果を発揮し、より有益なサービスを学校や先生へ提供できるのではないかと考え、連携に至った。

今回の連携によって提供できる価値

「Find!アクティブラーナー 」では、全国の先進的な学校の授業動画や有識者の講演動画、子どもとの接し方や教育業界の最新情報など、多岐にわたる豊富なコンテンツを提供している。

これまで多忙で他校の授業見学や研修などに参加する時間がなかった先生も、スマホやタブレット、パソコンなどを利用して隙間時間で学ぶことができる。

また、Find!アクティブラーナーのコンテンツはすぐに活かすことのできる教育ノウハウであるため、次の授業から実践することができる。

「Find!アクティブラーナー」とは

教員向けにPC・スマホ・タブレットを使って、「教えるプロ」のスキルを学ぶことができるサイト。

全国の小中高の実際の授業見学や、大学教授、研修講師など育成のプロフェッショナルのスキルや知識など約2,500の動画で学ぶことができる。

教育プラットフォーム「Classi」とは

「Classi」は、アダプティブラーニング、アクティブ・ラーニング、コミュニケーション、ポートフォリオの4つの視点で“新たな学び”を支援するクラウドサービス。

2019年5月現在、全国の高校の“2校に1校”(2,500校超)、高校生の“3人に1人”(116万人)が活用。

PC、スマホ、タブレットなどデバイスを問わず利用でき、先生、生徒、保護者をつなぐサービスとして、学校教育のICT化を多角的に支援している。

今回の連携により、学校現場や先生をより強力にバックアップし、校務の負担軽減に貢献するとともに「総合学習プラットフォーム」として学ぶ意欲と学び続ける環境を提供していく。


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。