TOEFL®テスト日本事務局が運営する「受験者向けWebサイト」がリニューアル

TOEFL®テスト日本事務局と海外ボランティア・海外研修等を手がける国際教育交流団体の一般社団法人CIEE国際教育交換協議会(所在地:東京都渋谷区、代表理事:根本斉)は、TOEFL®テストの「受験者向けWebサイト」を全面リニューアルを行ったことを発表した。

TOEFL®テスト「受験者向けWebサイト」リニューアルの内容

1.コンテンツの充実

TOEFL iBT®テストは、留学だけでなく日本国内の大学においても活用が年々増加している。

このような背景から、受験者にTOEFL®テストについて広く深く理解してもらえるよう、TOEFLテストの基本情報に加え、TOEFLテストの学習法、リサーチ資料、日本の高校・大学におけるTOEFLテストの活用状況などのコンテンツの充実を図った。

2.デザインの統一

デザインをTOEFLテスト開発・運営元の米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)のWebサイトと統一した。

3.分かりやすさ、使いやすさを改善

分かりやすさ、使いやすさの向上を目指しデザインを刷新。

また、パソコンだけでなく、スマートフォン、タブレットなど多様なデバイスに対応するレスポンシブWebデザインを引き続き採用している。

4.各種イベントページの刷新

受験者対象の「TOEFL iBT®テストスキルアップセミナー」だけでなく、TOEFLテスト日本事務局が参加する「留学フェア・イベント」、「学内説明会」など、利用者にとって有益な情報がすぐに見つかるデザインに一新。

5.総合トップページが新たに追加

受験者向けのWebサイトと団体・教職員向けのWebサイトの共通トップページが「総合トップページ」として新たに追加された。

CIEE国際教育交換協議会は今後もコンテンツの拡充を図り、利用者に役立つ情報を発信していくとともに、使いやすいWebサイトを目指して、改善に取り組む。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。