子ども用電子スケッチパッドの新バージョン、自分の消したい部分だけを消せる「myFirst Sketch Pro 10」が発売

ウェアラブル機器や子ども向けのIoT機器の企画・製造・販売を手がけているOaxis Japan(オアキシス ジャパン)株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:リー・イーション)は、子ども用電子スケッチパッド「myFirst Sketch」の新作にあたる「myFirst Sketch Pro 10 (マイファースト スケッチ プロ 10)」の販売を2020年1月9日(木)より開始することを発表した。

「myFirst Sketch Pro 10」製品概要

AI(人口知能)の進化が加速する中、今後AIを「使う側」とAIに「使われる側」時代が来ると言われている。

そんな時代を生き抜くうえで必要な知性と創造性を身に付けさせ、「使う側」として活躍するために有効な教育として、近年世界的に注目を浴びている「STEAM教育」。

STEAM教育・・・Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(美術)、Mathematics(数学)の頭文字を取ったもの。

その「STEAM教育」を取り入れ、子どもへの知的教育や創造力・想像力の育成を実現するために、Oaxis Japanでは学習プロセスのある商品の開発に取り組んでいる。

その数ある商品の中の一つが2018年11月に販売を開始した「myFirst Sketch」。

「myFirst Sketch Pro 10」は、専用ペンを使用する軽量の電子スケッチパッド。

ペンやインクを使わないので手や衣服が汚れず、また、壁への落書きなど周囲を汚すことなくどこでもお絵描きや文字の練習が楽しめる。もちろん、紙も不要。

耐衝撃仕様で丸角デザイン、高コントラスト発光で見やすい画面、そして約5万回の消去が可能なので資源削減にも貢献する。

今回発売される「myFirst Sketch Pro 10」には、従来ではなかった、自分の消したい部分だけを消すための専用の消しゴムが加わった。

開発背景として、デパートなどで電子スケッチを見かけるなかで、自分の消したい部分だけを消せる電子スケッチがないことに気づき、少しだけの間違いですべてを消去してしまうのではなく、部分消しが可能な商品の開発へと至った。

消去ボタンの誤押を防ぐためのロックスイッチ付きで、部分消去ボタンを押した後、専用ペンの消しゴム部分で書いた絵や文字の一部が消去できる。

また、10インチLCDスクリーンで広い描画空間を実現し子どもが絵を書くのをより自由に楽しめる点も特長。