ヒューマンアカデミー、大妻中学高等学校でAIやプログラミングの特別授業を実施

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、教育事業を運営するヒューマンアカデミー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:川上 輝之)は1月に、大妻中学高等学校(所在地:東京都千代田区、校長:成島 由美)の生徒に向けて、日本郵政グループの日本郵便株式会社と共同で、AI・プログラミングの特別授業を実施することを発表した。

IoT(Internet of Things)、人工知能(AI)、ビッグデータ、ロボット、ブロックチェーンなどの先進技術を活用した新たな社会「Society 5.0」の実現に向けた取り組みが進む中で、AI人材の育成は重要な課題である。

こうしたことを背景に、2020年度から小学校でのプログラミング教育の必修化に続き、2021年度以降は中学校・高等学校でのプログラミング教育の内容の充実が新学習指導要領に明示されており、生徒や保護者らの関心がますます高まっている。

統合イノベーション戦略推進会議「AI戦略 2019」によると、これからの新たな社会を生き抜くには、「デジタル社会の『読み・書き・そろばん』である『数理・データサイエンス・AI』の基礎知識」が必要不可欠といわれている。

ヒューマンアカデミーはこうした社会の変化に鑑み、学生から社会人までを網羅したICT教育支援、さらに国内最大規模でFC展開をしているロボット・プログラミング教室のノウハウを、学校への教育支援にも広げていく。

大妻中学高等学校での特別授業の概要

大妻中学高等学校では、早期からタブレットや電子黒板などのICT技術を授業等に活用するなど、ICT教育に積極的に取り組んでいる。

そこでヒューマンアカデミーは、専門家との共同企画により、AI人材育成をテーマにした特別授業を大妻中学高等学校に提供。

特別授業では、日本郵便の社会課題解決とAIの利用を学ぶとともに、Python(パイソン)(※)を使用したAIアプリの開発にも挑戦する。

Python(パイソン):機械学習や人工知能、Webアプリケーション、IoTデバイスの操作など幅広く活用できるプログラミング言語のひとつ

実施内容

プログラミング・AI講座

対象学年

高校2年生

Youtubeチャンネル