国立音楽大学と東京大学、オーケストラを用いたヒューマンアンドロイドによる演奏表現の共同研究を開始

国立音楽大学と東京大学は、実際のオーケストラを用いて「オルタ3」による演奏表現に関する共同研究を開始し、創発的アートの創造を目指すことを発表した。

これまでのヒューマンアンドロイド研究を通じた「生命らしさ」の追求に、音楽を媒介とした双方向のコミュニケーションを加え、音声処理や動作の研究といった枠を超えた「人間らしさ」「芸術とは何か」を探求する。

多くの演奏家が継続的に参加する研究の場が整った意義は大きく、この研究を通して、指揮そのものの意味や人間が行う芸術活動の本質に迫る。

「オルタ3」による演奏表現に関する共同研究の背景と概要

東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻 池上 高志教授が大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻 石黒 浩教授のアンドロイドに自発運動プログラムを組み込み、渋谷 慶一郎氏作曲のアンドロイド・オペラ『Scary Beauty』を2018年7月22日、人工生命国際学会「ALIFE2018」パブリック・プログラムとして日本科学未来館で上演、続く2019年2月28日には新国立劇場での記者会見でオーケストラを指揮して演奏を披露し、話題を呼んだ。

国立音楽大学 音楽学部演奏・創作学科作曲専修 板倉康明客員教授は、そのリハーサルにおいて音楽的監修、オーケストラを合奏体として機能させる役割を担っていた。

オーケストラは、指揮者のさまざまな動きや指示に対しての解釈が個人によって異なっている演奏者の集合である合奏体だが、「オルタ3」の動きをより洗練させていくためには実際にオーケストラを使用して「オルタ3」と合奏体の関わり方を継続して研究・実験していく必要性を痛感しこの共同研究を開始するに至った。

同時に、国立音楽大学 音楽学部演奏・創作学科コンピュータ音楽専修 今井慎太郎准教授の協力により、「オルタ3」の音声認識プログラムの構築を開始。

今後、池上研究室における動きのプログラムと関連させるための研究を行う。

実際にオーケストラを用いての同種の実験はプログラミングを担う東京大学、演奏をする国立音楽大学の両者が揃って初めて実現できることであり、実験結果を基に、未来のアートを占うこととなる。

「オルタ3」とは

Android123745mk_v2.jpg

オルタ3(Powered by mixi, Inc.)「オルタ3」は東京大学、大阪大学、ワーナーミュージック・ジャパン、株式会社ミクシィの合同プロジェクトにより生まれたヒューマンアンドロイド。