オリコン顧客満足度®調査『通信教育』ランキング発表、「Z会の通信教育」が4年連続1位を獲得

“見えない満足を可視化する”をコンセプトに、第三者の立場で独自に企画し調査を実施する「オリコン顧客満足度®」を展開する株式会社oricon ME(本社:東京都港区、代表取締役社長:小池恒)は、『通信教育』についての調査を実施し、その結果を発表した。

調査は、2019年8月~9月までの期間(※詳細は調査概要を参照)、通信教育を3ヶ月以上受講している、または3年以内に3ヶ月以上受講したことがある現役学生とその保護者を対象に、小学生向け・中学生向け・高校生向けの『通信教育』の満足度について、インターネットによるアンケート調査を実施。

調査は総合のほかに、大きく8つの評価項目(「入会手続き・特典」「カリキュラムの充実度」「教材・講義」「学習のしやすさ」「学習フォロー体制」「受講効果」「適切な受講料」「サポート体制」)を設定。

それぞれの項目についての回答を集計し、結果を「総合」「評価項目別」の各ランキングとして発表している。

「2020年 オリコン顧客満足度®調査」概要

通信教育は「Z会の通信教育」が1位を独占

2016年より実施し、5回目となる通信教育の満足度調査。

今回、「小学生向け」「中学生向け」「高校生向け」すべてのランキングで総合1位となったのは【Z会の通信教育(株式会社Z会 本社:静岡県三島市)】だった。

Z会は2017年より、この3つのランキングの総合1位を獲得しており、これで4年連続という結果となった(※中学生向けは2018年は未発表だが、2016年に総合1位を獲得しているので4年連続としている)。

評価項目別でも小・中で「Z会の通信教育」が高評価

高校生向けは「スタディサプリ」が3項目1位、「教材・講義」では高得点に

各ランキングで設定された8つの評価項目別に結果をみてみると、小学生向けの全8項目と、中学生向けの7項目、高校生向けの5項目で、【Z会の通信教育】が1位となり、学生とその保護者から総合的に高い満足度を得ていることが分かった。

また、高校生向けでは「教材・講義」「受講効果」「適切な受講料」の3項目で、【スタディサプリ(株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 本社:東京都品川区)】が1位を獲得しており、とくに「教材・講義」で80.16点と、評価項目の中でも高得点となっている。

調査概要