フランス発のエンジニア養成機関42 Tokyo、第1期生の入学試験「Piscine(ピシン)」を開始

一般社団法人 42 Tokyo(本社:東京都港区、代表理事 亀山敬司)は、2020年1月6日(月)、入学試験である「Piscine(ピシン)」を開始したことを発表した。

フランス発のエンジニア養成機関42 Tokyoは、2019年11月7日(木)から第1期生の募集を開始しており、2020年1月6日(月)より入学試験Piscineを開始、2020年4月に開校を予定している。

入学試験「Piscine(ピシン)」について

フランス語で「スイミングプール」を意味するPiscineは、その名の通り、約1ヶ月の入学試験を泳ぎ切れるか(乗り越えられるか)を測定するもの。

Piscineでも、「問題解決型学習」や「ピアラーニング」など、入学後と同様の学習スタイルを取り入れており、これにより、入学希望者自身も42 Tokyoの学習スタイルに合うかどうかを見極めることが可能。

Piscineは2020年1月6日(月)から1ヶ月毎に全3回を予定しており、2019年11月7日(木)から開始しているオンラインテストの合格者計933名が参加予定。

42は現在、世界15か国(2020年1月6日現在)で展開しており、入学希望者は全世界共通でこのPiscineを受ける。

合格基準は一切明かされていない。

入学試験日程

  • 第1回:2020年1月6日(月)〜1月31日(金) 311名
  • 第2回:2020年2月3日(月)〜2月28日(金) 311名
  • 第3回:2020年3月2日(月)〜3月27日(金) 311名 予定

入社試験会場

42 Tokyo本校(港区六本木3丁目2番1号住友不動産六本木グランドタワー24F)

42 Tokyo概要

入学

2020年4月予定

授業料

無料

応募条件

18歳以上