CtoCのプログラミング学習プラットフォーム「Techpit」、SwiftUIのチュートリアルを公開

株式会社テックピット(東京都千代田区 代表取締役 山田 晃平)が運営する、CtoCのプログラミング学習プラットフォーム「Techpit」が初のSwiftUIのチュートリアルを公開した。

CtoCだからこその多様な技術のコンテンツを提供する。

「【SwiftUI】写真アプリ風の簡易画像管理アプリを作ってみよう!」概要

SwiftUIは、2019年6月にWWDC2019で発表されたばかりの最新のフレームワーク。

SwiftUIは、少ないコードで開発をより速く、より簡単にした技術。

今回、Techpitから初のSwiftUIがリリースされた。

学習内容

SwiftUIの画面作成やMVVM 〜 画像処理や音声認識機能までアプリを開発するために必要な機能を学ぶコンテンツ

価格

1,980円

​目次

  • 1章:新規iOSアプリケーションの作成
  • 2章:アルバム表示機能
  • 3章:iPhone内の画像ファイルを読み込む機能
  • 4章:画像リスト表示機能
  • 5章:お気に入り機能
  • 6章:画像スクロール表示機能
  • 7章:画像処理機能
  • 8章:音声認識機能
  • 9章:iPhoneの設定アプリに機能を追加
  • 10章:デプロイ
  • トラブルシューティング

Techpitの今後の展望

Techpitは、「作りながらプログラミングを学べる」CtoCのプログラミング学習プラットフォーム。

1コンテンツあたり10〜15時間のボリュームの学習コンテンツが、週1〜2件のハイペースでリリースされている。

今後も、作りながらプログラミングスキルを学べるコンテンツを多く届けるためにプロダクト改善に注力していく。

加えて、引き続きSwiftの学習コンテンツを拡充していく方針。

ほぼ毎日のペースで、スマホアプリ開発のコンテンツがほしいというリクエストが届いている。

ネイティブ開発はアップデートの変化が激しいゆえに、コンテンツの情報が古くなりやすく、学習しづらいとの声が多く寄せられている。