リアルタイムアンケートシステム「レスポン」、イベント向けクイズサービスの提供を開始

株式会社レスポン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森田真基)は、新たに「イベント向けリアルタイムクイズ サービス」の提供を開始することを発表した。

これは、イベント参加者が自身のスマートフォンを使ってクイズに解答すると、問題ごとに正解者が早押し順に表示される新しいクラウドサービスで、アプリを使用せず、ブラウザだけで数千名が同時にプレイできるもの。

レスポンでは、この新サービスの提供を2020年1月より開始する。

「respon」クイズサービス 提供の背景

レスポン社は、リアルタイムアンケートシステム “respon” を提供している。

大学等の教育機関向けサービスとして2015年にサービスを開始以来、現在では、企業イベントや学会、企業研修などへも活用の分野を広げている。

最近の企業イベントでは、従来の「一方向型」から「双方向型」「参加型」へ とトレンドが変わってきており、”respon” は、参加者と主催者の双方向のリアルタイムコミュニケーションを図るツールとして、利用シーンも増え続けている。

例えば、respon システムを使って参加者から意見を募り、それらをリアルタイムに表示することで、「双方向セミナー」「参加型研修」の実施を可能にしている。

クイズ参加者の情報を、システムに登録

今回リリースされる「リアルタイムクイズ サービス」は、参加者に対してクイズを出題し、その場で解答を集計、ランキング表示ができる新機能を加えることで、いっそうのライブ感とエンタテイメント性を実現できるもの。

これまでも、たくさんの人が参加するイベント会場で、「テレビ番組のようなクイズを実施したい」という要望が多数あり、既存のrespon システム でそれを実施した事例も多数あった。

今回リリースする「クイズサービス」は、こうした事例で得た運用ノウハウと「現場の声」を元に開発した、クイズに特化したクラウドサービスである。

「respon」クイズサービスの概要

最大の特長は「記名式」かつ「集計結果のリアルタイム表示」。

クイズ参加者は、QRコードからアクセス

リアルタイムクイズ サービスを利用する際には、あらかじめ参加者の名前や所属部門、ID等をresponシステムに登録し、クイズ問題を作成。

クイズを作成すると、解答のためのQRコードが生成されるので、参加者はこのQRコードにアクセスし、自身のIDを入力してからクイズに解答する。

解答の状況は、リアルタイムで表示

クイズの進行はテレビ番組と同じ。1問ずつクイズを出題し、1問ごとに正解と正解者発表を行うことができる。

問題ごとに正解者のランキングを早押し順に表示

正解者が同点の場合は「早押し順」で表示。 1000分の1秒単位で提出時間を計測し、ランキングを表示する。

また、正解者の発表だけでなく、「不正解者」のリストもリアルタイムに表示できる。

全員の解答結果はエクセルで出力できるので、データの分析にも活用できる。

テレビ番組のようなクイズシーンは、新年会・懇親会等の「余興」での用途を想定する人が多いだろう。

もちろん、そのようなイベントでの運用ニーズも多い一方で、「研修」「プレゼンテーション」での活用ニーズも非常に多いものである。

例えば「研修」では、一方的な講義だけで終わらせるのではなく、講義の最後にクイズを実施。 その場で参加者の理解度を確認できるだけでなく、参加者全員で楽しく学習の振り返りができる。

また、「プレゼンテーション」では、「事業戦略」「商品」などの説明の後にクイズを実施することで、プレゼンの重要ポイントを参加者に強く印象付けることが可能。

さらに、一度に数千名が参加できるため、大企業の全社イベントなどでの活用も可能。

「もっとリアルタイムに!」をテーマに、レスポン社は リアルタイムコミュニケーションのツールを通じて、人が集まる場をより豊かにしていく。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。