Graffity、ARシューティングバトル「HoloBreak」を活用した体育の授業をクラーク記念国際高校で実施

​Graffity株式会社(以下、Graffity)は、クラーク記念国際高等学校(以下、クラーク高校)の秋葉原ITキャンパス(東京都千代田区)の体育科目において、ARシューティングバトル「HoloBreak(ホロブレイク)」を使用した特別授業を実施したことを発表した。

なお、「HoloBreak」が教育機関において活用される事例は2例目。

「HoloBreak」を使用した特別授業の実施背景

クラーク高校は、1992年に開校した柔軟なカリキュラム・単位認定を特徴とする広域通信制高校。

今回、ARシューティングバトル「HoloBreak」の「リアルに汗をかく(=身体を動かす)」eスポーツという特徴が、先進的なカリキュラムを有するクラーク高校秋葉原ITキャンパスの方針に合致し、実施された。

この実証実験は、ARバトルを起点に多くの人がスポーツを気軽に楽しめる環境を提供すること、また今後の「HoloBreak」開発に活かすことを目的としている。

「HoloBreak」を使用した特別授業の内容

「HoloBreak」は、2対2で戦うARシューティングバトル。

プレイヤーはスマホを片手に、8m×5mのフィールドをリアルに動き回りながら、相手チームとのバトルに勝利するため戦う。

実際にフィールド内で動き回りながら遊ぶため、従来のスマホゲームとは違う「リアルに汗をかく」体験が可能。

今回はクラーク高校の体育授業に合わせ、新たに3対3のチームバトルが可能になった。

体育授業の感想(ゲーム・プログラミング専攻2年生)

リアルでの運動と、バーチャルであるARの組み合わせが面白かったです。運動が苦手な人でも気軽に楽しめると思いました。今はeスポーツが新しい競技として世界的に盛り上がっていますが、ARスポーツも同じように競技として発展する可能性を感じました。

Graffityは、今後も教育機関でのARバトル活用を進め、生徒の声を活かしながら「HoloBreak」の改善・正式リリースに繋げることで、より多くの人がスポーツを気軽に楽しめる環境を提供していく。