FIF、出張授業「VRでパラスポーツを体験しよう!みんなで共生社会を考えよう」を日野学園小4・5年生約200名に実施

フューチャー イノベーション フォーラム(代表:牛尾治朗・ウシオ電機株式会社会長、金丸恭文・フューチャー株式会社会長兼社長、以下FIF)は、2019年12月16 日(月)に品川区立日野学園(校長:西島勇)の小学4、5年生約200名を対象に出張授業「VRでパラスポーツを体験しよう!みんなで共生社会を考えよう」を実施し、当日の内容を発表した。

VR:仮想現実を意味するバーチャルリアリティの略

出張授業「VRでパラスポーツを体験しよう!みんなで共生社会を考えよう」概要

FIFの運営会社であるフューチャー株式会社はグループの中核であるITコンサルティング事業の知見を活かし、ブラインドサッカーを体験できるVRアプリケーションを開発。

2016年7月からは同アプリケーションを活用し、大会会場などでブラインドサッカーのヴァーチャル体験会を実施するなど現在もブラインドサッカー協会のサプライサービスパートナー(2018年9月~)として活動を継続している。

授業では、子どもたちはまずVR空間を見ながらブラインドサッカーを体験し、次にアイマスクを着けてVRアプリケーションで流れる音だけを頼りにゴールを目指した。

最後はチームでどうすればボールを捉えられるかをディスカッションし、チーム対抗でゴールまでの時間を競った。

体験を通じて、

  • 「スポーツを楽しむ気持ち、上達したい思いは誰でも同じであること」
  • 「コミュニケーションによって一人では気づかなかった新しいアイデアが生まれること」
  • 「上達にはトライアンドエラーが大事であること」
  • 「テクノロジーは様々な人の世界を共有するツールになること」

を伝えた。

FIFとフューチャー株式会社は今後もブラインドサッカーをはじめとするパラスポーツの醍醐味をより多くの人たちに体感してもらい、テクノロジーを人と人との架け橋として共生社会に貢献していく。

開催日時

2019年12月16日(月)8:35~15:35

会場

品川区立日野学園(品川区東五反田2-11-1)

対象

小学4、5年生6クラス、約200名


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。