子ども向けロボットプログラミング教室「ロボ団」運営の夢見る株式会社、エディオンに発行済全株式を譲渡

夢見る株式会社(大阪府堺市代表取締役:重見 彰則 ※以下 夢見る)は、株式会社エディオン(大阪府大阪市、代表取締役、久保 允誉 ※以下 エディオン)に発行済全株式を譲渡する契約を締結したことを発表した。

夢見る、全株式譲渡の背景と今後の取り組み

夢見る株式会社は、「教育を通じて未来に希望を持ち、皆が夢見れる世界をつくる」というビジョンの元、子ども向けのロボットプログラミング教室「ロボ団」を全国・海外含め、郊外中心に約100教室を展開しつつ、数多くのプログラミングイベントや大会を運営してきた。

現在、生徒数は3,000を超えている。

今年、ロボ団はロボットプログラミングの最も大きな大会のひとつ、WRO(※)において、日本全国1,800の出場チームの中から小学生・中学生部門6チームのみが選出される世界大会への切符を3チーム獲得、民間で日本初の小中ダブル選出という好成績を収めている。

WRO(World Robot Olympiad)は世界74カ国と地域で6万人以上の小中高校生が参加する、自律型ロボットによる国際的なロボット競技大会。世界中の子どもたちが各々がロボットを製作し、プログラムにより自動制御する技術を競う。

エディオンのリソースと夢見るの教室運営の経験を生かし、以下を実現すべく、さらなる事業発展を目指す。

基本方針

  • 教育地域格差をなくし、ひとりでも多く子どもたちに教育を届ける。
  • 全国エディオン店舗を消費だけでなく、投資につながるコミュニティにする。

取り組み

  • エディオン会員1,200万人へ訴求
  • エディオン店舗開発ノウハウを活かしたロボ団教室展開
  • プログラミングイベントなどコンテンツビジネス強化
  • ロボ団月謝でエディオンポイントが貯まる&使える仕組みづくり
  • エディオン店舗を通じた遠隔授業提供 など

夢見る株式会社は今後も「好きを学びに、社会とつながる」を大切に、より多くの子どもたちにプログラミングを通じて学ぶことの楽しさや社会への興味関心を持つ機会を提供し、子どもたちに未来の選択肢を増やすことに貢献していく。

なお、夢見る株式会社 代表取締役の重見氏は、買収後も引き続き代表取締役として、ロボ団の発展に取り組む。

ロボットプログラミング教室「ロボ団」について

「好きを学びに 社会とつながる」ことを大切にして、全国100教室以上を展開しているロボットプログラミング教室。

ロボ団のカリキュラムには、算数や理科などの教科学習の内容が組み込まれ、子どもたちが苦手意識を持つ前に楽しみながら理解を深められる環境を整えている。

また、近畿日本鉄道やJAXAとの連携による教材開発プロジェクトなど、子どもたちが社会をより身近に感じ、世の中の仕組みが理解できる取り組みを行なっている。