LX DESIGN、高校生のためのAIソーシャル進路相談「imAdokI」をLINEにて提供開始

教育・地方創生における課題をテクノロジーによって解決する株式会社LX DESIGN (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金谷智、以下LX DESIGN)は、2019年12月20日(金)より、高校生が学校内外から普段会うことができない大学生や社会人にオンラインで相談ができるAIソーシャル進路相談プラットフォーム「imAdokI(イマドキ)以下、imAdokI」の本格的な提供を開始することを発表した。

「imAdokI」リリースに至った背景

“一般社団法人全国高等学校PTA連合会・(株)リクルートマーケティングパートナーズ調べ”

学校教育をオープン化、魅力的なタレントが入ってくるプラットフォームへ

地方では、学生にとっての情報・機会格差が大きく、親や先生以外に多様な大学生や大人と出会う機会が不足している。

また、リクルート進学総研の調査によると、92%の高校生が保護者や先生にしか進路相談ができていない現状がある。

さらに、学校現場においても教員の人材不足などの要因により、IT・グローバル・起業家といった未来人材を育成できない等、公教育による限界や課題が散見されている。

そこで、LX DESIGN代表の金谷氏がかつて高校や大学時代のOB・OGに助けてもらったように、「imAdokI」を通じて、想いや熱量のある「先輩」に出会い、高校生が進路・キャリアを切りひらくきっかけや繋がりを提供することで、現状の課題解決につなげたいと考え、サービスの提供に至った。

AIソーシャル進路相談プラットフォーム「imAdokI(イマドキ)」とは

AIソーシャル進路相談アプリ「imAdokI」は、高校生一人ひとりの好きなことや興味のあることから、将来の大学選択や職業選択をサポートする「高校生のための進路相談プラットフォーム」。

当面はLINEが提供するLINE公式アカウントを活用し、 AIで好きなことや興味のあることから最適な「先輩(大学生、 社会人)」とマッチング、進路相談のためのオンライン面談機会を提供する。

これにより、高校生が、「自分の志望大学に進学した先輩が身近にいなくて相談ができない」といったことや、自分の住んでいる地域では出会えないキャリアの社会人などにも「imAdokI」を通して地理的条件・地方と都会の情報格差を埋めることができる。

特長

imAdokI_サービスイメージ
  1. 自分の好きなこと・興味のあることから進路を探せる
  2. 300人の大学生・社会人の中から自分の悩みごとや相談ごとに合う先輩とマッチング
  3. オンラインでの参加のため、世界中のどこからでも相談可能

試験運用(富山県)にて実施した際の高校生たちの声

東京から富山にきて古民家カフェプロジェクトをすすめる大学生の先輩と話して、価値観が変わりました。地元にいると、活躍の機会が狭まると思っていたけど、大学名に関わらず、富山にいるからこそチャレンジできることがあると知りました。(高校3年 男性)

大学生の先輩から実際に話が聞けて、 活動のイメージが膨らみました。私たちは地元の会社と一緒にコラボメニューを作っています。大学で経済を学びながら、さらに活動をパワーアップするために進学したくなりました。 (高校2年 女性)

LX DESIGNは今後も、教育×地方創生×ITをテーマに「すべての子どもたちに未来が広がる学習機会の提供を目指して」をミッションに掲げ、子どもたちの人生が劇的に輝く瞬間をつくりだすべく、尽力していく。


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。