スマートに学べる問題集「リブリー」、地学に対応。2020年4月に啓林館『センサー地学基礎 改訂版』をリリース

株式会社Libry(リブリー、本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:後藤 匠)が開発する、スマートに学べる問題集「Libry(リブリー)」は、2020年4月、「地学」に対応し、株式会社新興出版社啓林館(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:佐藤 諭史、以下、啓林館)の発行する高校地学の副教材『センサー地学基礎 改訂版』のリブリー版をリリースすることを発表した。

地学に対応することにより、「リブリー」では、理科4科目(物理・化学・生物・地学)全てを使えるようになる。

『センサー地学基礎 改訂版』リブリー版リリースの背景

スマートに学べる問題集「リブリー」は、既存の教科書や問題集をデジタル化し、生徒一人ひとりの学習履歴に基づいたアダプティブ・ラーニングを可能にする「中高生向け学習プラットフォーム」。

現在、数学・英語・物理・化学・生物の5科目に対応している。

今回、「リブリー」は「地学」に対応し、啓林館の発行する高校地学の副教材『センサー地学基礎 改訂版』のリブリー版を2020年4月にリリース。

啓林館の地学基礎の教科書は、多くの高等学校で採用されており、副教材である『センサー地学基礎 改訂版』のリブリーでの提供は先生からの要望を受けて実現した。

スマートに学べる問題集「リブリー」について

スマートに学べる問題集「リブリー」は、既存の教科書や問題集をデジタル化し、生徒一人ひとりの学習履歴に基づいたアダプティブ・ラーニングを可能にする「中高生向け学習プラットフォーム」。

「問題検索」や「苦手分野の分析」などのスマートな機能で、生徒がより効率的に学べるようサポート。

2017年にタブレット版を、2019年3月にスマートフォン版をリリース。

現在、トライアルでの利用を含めると全国で数百の中学校・高等学校で活用されている。

学校で導入すると、生徒向けコンテンツと合わせて、「リブリー」の学習履歴や宿題の実施状況を確認するための先生用管理ツールも利用できる。

「リブリー」の特徴

  • 信頼と実績のある教科書や問題集をそのままデジタル化
  • 一人ひとりの学習履歴に基づいて個別最適化された問題を提示することで、応用力の強化、記憶の定着、弱点の補強を図る
  • 「紙のノートとペンを使って勉強する」という学習スタイルはこれまでのまま、学習効率を高める

これらのサービスを通じて、社会問題となっている「重たい通学カバン」や「教員の長時間労働」などの課題解決に貢献。

実際に活用している中学校・高等学校の現場から、「通学カバンが軽くなった」「教員の残業時間が1日あたり1〜2時間削減された」という声が寄せられている。