ソニー教育財団、2019年度「教育・保育実践論文」入選校・入選園発表。教育助成金とソニー製品を贈呈

ソニー教育財団(会長:盛田 昌夫)は、全国の小学校・中学校、幼稚園・保育所・認定こども園から教育・保育実践論文を募集し、特に優れた取り組みに、教育助成金とソニー製品を贈呈している。

今年度、全国の小・中学校より171件、幼稚園・保育所・認定こども園より153件、合計324件の論文応募があり、書類審査、現地調査および厳正なる最終審査を経て、入選校・入選園を決定したことを発表した。

受賞した学校・園の先生および保護者代表には、2020年1月18日(土)にソニー株式会社本社にて開催する贈呈式にて、ソニー教育財団 盛田 昌夫会長より、賞状と目録を贈呈。

贈呈式では、文部科学省をはじめとする来賓を招き、入選校・園による研究発表も行われる。

1959年にソニー創業者の井深大が「日本の発展には子どもたちの科学教育こそ重要」だと考え、ソニーが小学校への教育助成活動を始めてから60年を迎えた。

ソニーは長きにわたり、よりよい教育の実践に熱意をもって取り組む全国の先生を支援し続けている。

ソニー教育財団はその信念に基づき、これからも教育・保育現場の先生と共に、子どもたちの「科学する心」を育んでいく。

2019年度 ソニー子ども科学教育プログラム入選校

対象

小学校・中学校

テーマ

「科学が好きな子どもを育てる」教育実践と計画

贈呈品

  • 最優秀校:教育助成金300万円とソニー製品(※)
  • 優秀校(10校):教育助成金50万円とソニー製品(※)
  • 奨励校(73校):教育助成金10万円とソニー製「デジタルスチルカメラ(1台)」

最優秀校

  • 北九州市立藤松小学校(福岡県) 科学する心を育む 藤松の教育2019
  • 豊川市立南部中学校(愛知県) どうしても解き明かしたい!

2019年度 ソニー幼児教育支援プログラム入選園

対象

幼稚園・保育所・認定こども園

テーマ

「科学する心を育てる」幼児教育実践と方向性

贈呈品

  • 最優秀園(2園):教育助成金200万円とソニー製品(※)
  • 審査委員特別賞(1園)優秀園(8園):教育助成金30万円とソニー製品(※)
  • 優良園(13園):教育助成金10万円とソニー製「CDラジカセ(1台)」
  • 奨励園(50園):教育助成金5万円とソニー製「CDラジカセ(1台)」

最優秀園

  • 国立大学法人福島大学附属幼稚園(福島県): 自分で考え、試そうとする子どもを育てる
  • 京都市立中京もえぎ幼稚園(京都府):“ねがい”~科学する心は “ねがい” からはじまる~

ソニー製品:「4K液晶テレビ」、「データプロジェクター」、「4Kビデオカメラ」、「デジタルスチルカメラ」「アクションカム(2台)」「KOOV(2台)」「MESH(7タグを3セット)」から1つを選べる。また、受賞にかかわらず、応募した全ての学校・園に「デジタルスチルカメラ(1台)」等を贈呈。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。