グロービス、ITエンジニア育成スクール運営のDIVE INTO CODEに約5,000万円の戦略的出資を実施

グロービス(東京都千代田区、代表:堀義人)は、ITエンジニア育成スクールを展開する株式会社DIVE INTO CODE(東京都渋谷区、代表取締役:野呂浩良氏)へ約5,000万円の戦略的出資を実施することを決定したと発表した。

出資に先立ち、2019年12月19日に同社と戦略的業務提携を締結。

学習コンテンツの共同開発と提供、互いの在校生・卒業生が交流するコミュニティの創出に向けて協業を開始する。

グロービスの出資の背景と内容

政府の統合イノベーション推進会議が「AI時代に対応した人材の育成」を戦略目標に掲げるなど、日本社会にテクノロジー人材を渇望する声が上がる中、グロービスでは、テクノロジーを理解し、ビジネスに革新を起こせるリーダーを輩出する「テクノベート(テクノロジーとイノベーションを組み合わせたグロービスの造語)」のプログラムを強く推し進めている。

グロービス経営大学院では、テクノロジーが変革するビジネスや、経営とデザインの最先端の知見を提供する講座を日本語と英語で20科目開講。

卒業生向けには、野呂浩良氏が講師を務め、AI(人工知能)のビジネス活用の要諦を習得する特別講座「AIビジネスリテラシー」を提供している。

グロービスの法人研修事業では、次世代の経営を担うマネジメント層に向け、テクノベート時代の戦略立案と組織マネジメントのスキル・マインドを磨くプログラムを開講している。

これらの取り組みに加え、次世代リーダーの輩出を加速するため、今回、Web/機械学習エンジニアの育成において累計4,000名の受講実績を持つDIVE INTO CODEへ、戦略的出資と提携を行うことを決定。

協業では、学習コンテンツの拡充と事業の創造を見据えて両者の受講生が交流するコミュニティの創出を目指す。

具体的には、グロービス経営大学院における新たなテクノベート系科目の開発と提供、グロービスの法人研修事業においては、AIのビジネス活用をテーマした新プログラムの開発、ビジネスナレッジの定額制動画学習サービス「グロービス学び放題」に加える新たな学習コンテンツの作成などを検討している。

また、グロービス経営大学院とDIVE INTO CODE双方の在校生・卒業生が交流できるイベント・セミナーなどの機会を提供。

例えば、グロービス経営大学院の在校生・卒業生を対象にしたビジネスプランコンテスト「GLOBIS Venture Challenge(G-CHALLENGE)」へ、DIVE INTO CODEの在校生・卒業生が共同チームを組成して参加できるようにすることや、DIVE INTO CODEの同種のイベント「DEMODAY」にグロービス経営大学院の教員が審査員として参加することを計画している。

これにより、グロービスが取り組むベンチャーの生態系作りに、より多様性を増していく。

DIVE INTO CODE とは

「プロのエンジニアになるために挑戦する人が、チャンスをつかめる場をつくる」をビジョンに掲げ、Web/機械学習エンジニアとして就業することを目指す人を対象としたITエンジニア育成スクール。

2015年10月よりスクール事業を開始。

現在までに、累計で約4,000名がセミナーやスクールを受講。Webエンジニアコースと機械学習エンジニアコースを提供している。

グロービス経営大学院とは

グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。

開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力している。

東京・大阪・名古屋・仙台・福岡の5キャンパスに加え、2014年からオンラインでプログラムを提供。

2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年に全日制英語MBAプログラムを開始し、日本国内のみならず世界各国から留学生を招き入れている。

2017年10月にはオンライン英語MBAプログラムを開講。

2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2019年8月には日本語・英語プログラムを合わせて921名に達し、日本最大のビジネススクールに成長している。

グロービス経営大学院は、今後も創造と変革を担うビジネスリーダーの育成を支援し、アジアNo. 1のビジネススクールを目指していく。