NEC、大学・高専における課題解決型AI教育を実現する教育プログラムを開始。3年間で国内70校へ提供目指す

NEC は、課題解決型AI教育を実現するPBL(Project Based Learning: 自ら問題を発見し、解決する能力を養う教育手法)を担う講師を養成する「PBL導入プログラム」を2020年7月から提供開始することを発表した。

このプログラムは、課題解決型AI教育を行う大学および高等専門学校を対象とし、3年間で国内70校への提供を目指す。

「PBL導入プログラム」開始の背景

近年、AIの社会実装・活用が急速に進み経済がデジタル化する中、世界的にAI人材の不足が大きな社会課題となっており、日本でも産学官共同でAI人材育成に取り組むことが求められている。

内閣府は2019年6月に「AI戦略2019」において、「数理・データサイエンス・AI」をデジタル社会の基礎知識と位置付け、年間約50万人の大学生・高等専門学生全員にリテラシー教育を実施する目標を発表した。

また、AIの応用基礎教育・エキスパート教育として、PBLを中心とした課題解決型AI人材育成に取り組むことを掲げている。

しかし、PBLを担う講師には、AIに関する専門知識に加えて、社会におけるデータ利活用やそのプロセスに関する知見が要求されることから、全国的に講師が不足することが懸念されている。

NECはこの課題を解決するため、「PBL導入プログラム」の提供を開始する。

「PBL導入プログラム」概要

このプログラムは、大学生・高等専門学生向けにPBLを実施するための講師を養成する研修プログラム。

AIに関する専門知識、データ利活用事例、データ利活用プロセスなどPBLを実施するために必要な知識を習得するためのカリキュラムから構成され、全国8か所で年2回(期間:3か月間、42時間)開催。

プログラムで使用するPBL教材は、国立大学法人滋賀大学データサイエンス学部および公立大学法人横浜市立大学データサイエンス学部の協力のもと、「NECアカデミー for AI」において開発される。

また演習環境として、データ分析を行うためのクラウド環境も提供。

NECは、2013年からAI・アナリティクス人材育成に関する取り組みを始め、数多くのAI人材を育成してきた。

本年4月に開講した「NEC アカデミー for AI」では、社会人を中心に約4,000人の受講実績を有している。

こうした取り組みの中で培ってきた育成メソドロジーを大学・大学院や産業界に還元し、年間約50万人の大学生・高等専門学生向け課題解決型AI教育の実現に貢献する。

NECでは「2020中期経営計画」においてAI・IoTなどのデジタル技術を活用したサービス型ビジネスを推進している。

課題解決型AI教育を実現するための「PBL導入プログラム」の提供はこのような取り組みの一環であり、今回のようなAI人材育成を通じてNECは、顧客との共創を通じた企業・社会のデジタルトランスフォーメーションに貢献していく。

「NEC アカデミー for AI」について

超スマート社会(Society 5.0)の実現に向け、AIを活用して社会課題を解決し、新たな価値を創造できる人材の活躍が期待されている。

NECは、2013年から取り組んできた豊富なAI人材育成実績を基に、社会課題を解決できるAI人材を輩出するための「NECアカデミー for AI」を開校。

このアカデミーでは、”学び”と”実践”の場を通して、プロフェッショナルなAI人材を育成する。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。