競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE 2020 for Youth」予選参加約780名のうち、中高生・高専生16名が本選に

フューチャー イノベーション フォーラム(代表:牛尾治朗・ウシオ電機株式会社会長、金丸恭文・フューチャー株式会社会長兼社長、以下FIF)は、2019年12月7 日(土)にフューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神宮由紀、以下フューチャーアーキテクト)にて、競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE 2020 for Youth」の本選を開催したことを発表した。

「HACK TO THE FUTURE 2020 for Youth」本選の内容

フューチャーアーキテクトは2018年から大学生や社会人を対象に競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE」を開催している。

今回のコンテストでは初の試みとして、18歳以下のユース世代を対象に決勝進出枠を特別に設けた。

11月2日にオンラインで開催した予選には全国から約780名が参加し、うち18歳以下の成績上位10名と全国6ブロック(北海道東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)の成績上位各1名の計16名を本選に招待した。

本選には全国から高度なプログラミングスキルを持つユース世代が集い、解答時間8時間のなかでプログラミングの正確さやアルゴリズムを構成する力に加え、問題の本質を見極めて論理的に解決する思考力を競い合った。

参加者からは、

  • 「面白い問題に挑戦できて楽しかった」
  • 「全国の同世代や普段は会えない競技者と話ができ、モチベーションも上がった」
  • 「将来はプログラミングやIT業界の最前線で働きたい」

という声が寄せられた。

FIFは今後も子どもたちがテクノロジーに触れ切磋琢磨する場を提供し、未来に貢献していく。